賀来賢人がリモートで劇団結成、柄本時生、岡田将生、落合モトキがメンバーに

1798

賀来賢人が自身のTwitterで劇団年一(ねんいち)を結成することを発表。5月上旬に第1回作品「肌の記録」が配信される。

「肌の記録」ビジュアル

「肌の記録」ビジュアル

大きなサイズで見る(全1件)

劇団年一のメンバーは、賀来、柄本時生岡田将生落合モトキのほか、ドラマ「死にたい夜にかぎって」などを手がけた劇団た組主宰の加藤拓也。賀来はTwitterで「オールリモートでビデオ通話を使った映像のような演劇のような、新しい作品を作ります」と述べ、「十年来の友人達と、ずっとなんかやりたいねと言って実現せず。この度やっと芝居をやる事になりました」「既に素晴らしい台本が届き、稽古もスタートしております。どうか届きますように」とつづっている。

また「肌の記録」については、今から約100年後、教育や仕事がオールリモートで行われ、外出は基本禁止となった世界が舞台だと説明。人と触れ合う文化、娯楽、仕事が滅びてしまった時代に生まれた幼なじみのときお、けんと、まさき、もときが日々を楽しくするために、ぼんやり昔の文化を想像と勘で復活させてみる物語だと語った。

リンク

関連記事

関連商品