ジャレッド・レトがチャリティTシャツ販売、売り上げは医療団体に全額寄付

101

「スーサイド・スクワッド」のジョーカー役などで知られるジャレッド・レトが、新型コロナウイルスに対する支援としてチャリティTシャツを制作した。オリジナルTシャツ販売サイト・Teespringで販売中だ。

ジャレッド・レト (写真提供:Image Press Agency / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

ジャレッド・レト (写真提供:Image Press Agency / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

これは世界的に外出自粛を余儀なくされる中、自宅にいながらファンとともに映画を同時再生する“バーチャルシネマクラブ”をレトが実施していることから生まれたもの。収益の100%が医療支援としてパートナーズ・イン・ヘルスに寄付される。販売はアメリカ現地時間4月12日いっぱいまでで、価格は30ドル。日本からも購入可能だ。残り時間は販売サイトでカウントダウンされている。

次回の同時再生会はアメリカ現地時間4月8日17時にスタート。鑑賞作品には「パラサイト 半地下の家族」が選ばれた。同作は日本では劇場公開中のため未配信・未ソフト化だが、今後の鑑賞作品や日時はレトのTwitterでチェックしよう。

なおレトが主演を務めた「モービウス」の全米公開が2021年3月19日に延期されたことに伴い、日本公開日も変更となった。新たなスケジュールは決まり次第アナウンスされる。

関連記事

リンク