インディーズ作品見放題のDOKUSO映画館、売り上げの100%をクリエイターに還元

97

映像配信サービス・DOKUSO映画館が、4月の全体売り上げの100%をクリエイターに上映料として還元すると発表した。

DOKUSO映画館 売り上げ100%クリエイター還元開始の告知ビジュアル。

DOKUSO映画館 売り上げ100%クリエイター還元開始の告知ビジュアル。

大きなサイズで見る(全2件)

売り上げ100%還元の背景。

売り上げ100%還元の背景。

月額980円でインディーズ映画が見放題できる同サービス。これまでは全体売り上げの35%を、視聴時間に応じてクリエイターに分配して支払うシステムを取っていた。このたびの発表は新型コロナウイルスの感染拡大によるクリエイターへの影響を鑑みて行われたもので、DOKUSO映画館代表・玉井雄大のコメントは下記に掲載する。

玉井雄大 コメント

新型コロナウイルスにより、映画を上映することも、撮影することもできず、
どこまで延期すればよいのかすらわからず、
いちプロデューサーとしての僕も、ここから1年のスケジュールが全くの未定になりました。
仲の良い監督やスタッフからはもう制作を続けていけないかもしれないと、
悲鳴のようなご相談も、少なくない数いただいています。
このままでは、コロナが終息する前に、多くのクリエイターや映画館はいなくなってしまうのではないか。
今まで必死に積み上げてきた色々なものを、根こそぎ奪われてしまうのではないか。
まだまだ「DOKUSO映画館」の会員数は多くないですし、そこまでの認知もない、本当に微力です。
だから、この言葉を掲げることにしました。
#今度は私たちが映画を救う番だ
僕たちDOKUSO映画館だけでは、この未曾有のウイルスとの闘いに勝てそうもありません。
DOKUSOの今回の決定は、ただの1つのアクションです。様々なアクションが積み重なっていかなければ、
大好きな映画館や、大好きな映画を生み出すクリエイターたちを守りきることができません。
だから、皆さんのお力を貸してください。
僕もふくめ、映画によって人生を救われたことがある皆さん。
今度は僕たちが映画を救う番です。

この記事の画像(全2件)

リンク