アンドリュー・ジャックが新型コロナで死去、「スター・ウォーズ」や方言指導で活躍

9

103

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 31 33
  • 39 シェア

俳優や方言指導者として活動したアンドリュー・ジャックが、3月31日に新型コロナウイルス感染症の影響で死去した。76歳だった。

これは、妻のガブリエル・ロジャーズがTwitterで発表したもの。ジャックは2日前に、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性だと発覚していた。ロジャーズは「彼は苦しむことなく、家族と“共にある”と知り安らかに旅立ちました」とツイートしている。

イギリス生まれのジャックは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」にレジスタンスのイーマット少佐役で出演。「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」にも声の出演をしていた。さらに「アベンジャーズ」シリーズなどでクリス・ヘムズワース、「シャーロック・ホームズ」シリーズや「ドクター・ドリトル」でロバート・ダウニー・Jr.、「スター・ウォーズ」シリーズでデイジー・リドリーなど、多くの俳優たちに方言の指導をした。

読者の反応

  • 9

🐬MALINO🐬⛅NEOKET3Week2B20 @tibiMALINO

アンドリュー・ジャックが新型コロナで死去、「スター・ウォーズ」や方言指導で活躍 https://t.co/QBpgkggUpQ

コメントを読む(9件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。