撮りためた25年のラストシーンは…フランス映画「PLAY」6月に公開

54

フランス映画「Play」が、「PLAY 25年分のラストシーン」の邦題で6月5日より東京・新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

「PLAY 25年分のラストシーン」ポスタービジュアル

「PLAY 25年分のラストシーン」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「PLAY 25年分のラストシーン」

「PLAY 25年分のラストシーン」[拡大]

本作の主人公は、1993年の仏パリで13歳のときにビデオカメラを手にしたマックス。25年後、家族や友人たちとの日々を収めた映像を編集していた彼が、そのラストシーンを準備しようとするさまを描く。本作ではホームビデオの映像をつなぎ、1990年代から2010年代の雰囲気を再現しようと試みている。

主演はコメディアンのマックス・ブーブリル。監督を務めたアントニー・マルシアーノのアイデアに惚れ込み、共同で脚本を手がけた。共演には「エル ELLE」のアリス・イザーズ、「ダゲレオタイプの女」のマリック・ジディ、アルチュール・ペリエ、「カミーユ、恋はふたたび」のノエミ・ルヴォウスキーが名を連ねている。

このたび公開されたポスターにはマックスと仲間たちが写る1994年、2000年、2015年の写真が使用された。製作陣はフランス中を探し、10代、20代、30代の彼らを演じるキャストを9カ月かけて選出したという。「過去の映像をつなぐということは、単なる事実の羅列ではない」と話すマルシアーノは「観る人が同じように25年間を追体験し、当時の自分に戻るような体験をしてほしかった」とコメントしている。

※「PLAY 25年分のラストシーン」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像(全2件)

関連記事

(c)2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER