MOOSIC LAB 2019で最優秀女優賞、森岡龍×川上奈々美「東京の恋人」6月に公開

230

MOOSIC LAB 2019の長編部門で最優秀女優賞、松永天馬賞を獲得した「東京の恋人」が、6月27日より東京・ユーロスペースで公開される。

「東京の恋人」ポスタービジュアル

「東京の恋人」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

本作は、結婚を機に映画監督の夢をあきらめ北関東に住む主人公・大貫立夫と、別れた学生時代の恋人・満里奈が約10年ぶりに再会したことから始まるラブストーリー。森岡龍が立夫、川上奈々美が満里奈を演じたほか、吉岡睦雄階戸瑠李木村知貴西山真来いまおかしんじらが出演する。下社敦郎が監督を務め、東京60WATTSが音楽を担当した。

このたび、満里奈の横顔を捉えたポスタービジュアルも到着。脚本を読んで純喫茶を思い浮かべたという森岡は、「不意に出会ってしまった純喫茶のように、皆さんに素敵なひとときを体験していただけることを願っております」と語り、川上は「いい意味で余白の多い映画でもあるので何度も劇場に足を運んでその日の心の動きを楽しんで頂けるといいな……」と願いを込めた。

森岡龍 コメント

この映画の脚本を初めて読んだとき、なぜか純喫茶を思い浮かべました。当たり前のようにタバコが吸えて、インベーダーゲームが置いてあって、薄茶色に焦げた漫画が陳列されているような、そんな喫茶店。もしかしたら、今の時代、そんなお店はほとんど失くなりつつあるのかもしれないけれど、どこかの路地裏には、しぶとく、そんなお店があるのだと思う。「東京の恋人」は、そんな懐かしさや、懐かしむこと自体を、尊く思える映画だと思います。
喫茶店が出てくる映画ではないのですが、不意に出会ってしまった純喫茶のように、皆さんに素敵なひとときを体験していただけることを願っております。

川上奈々美 コメント

単独公開まで辿り着けて心から嬉しいです! みなさんのおかげです。映画というものに関われて私は本当に幸せです。いい意味で余白の多い映画でもあるので何度も劇場に足を運んでその日の心の動きを楽しんで頂けるといいな……。

大川毅(東京60WATTS)コメント

この映画の中で使ってもらっているのは東京60WATTSの初期、90年代の終わりから2000年代初めの頃の曲だ。僕らは東京の学生で、なのに学校そっちのけでバンドに没頭していた。20代半ば過ぎにようやくメジャーレコード会社からのリリースが決まる、それまでのなんの未来も見えない日々を送りながら作った曲たちだ。

単独上映おめでとう。この映画がより多くの人に届くことをとても嬉しく思います。映画に引っ張られて、僕らの音楽を少しでも多くの人に気にかけてもらえたら、たいして陽の目を見ずに長い時間バンドを続けてきた僕らの魂もふわふわと浮かばれます。

下社敦郎 コメント

「東京の恋人」は敗残者の映画であると思う。その言葉を好んでよく使っていた大学時代の友人がいた。たとえ戦いに敗れても、生きていれば人生は勝手に前に進んでいく。沢山の頭脳がぶつかり合って切磋琢磨し、現実世界を切り取ったフレームのなかでかつての恋人たちが動いている。それだけでその光景は眩しかった。疵を負った魂は一体どこに向かうのだろう? 我々は何処から来て何処へ去っていくのか。またいつかそんなことを考えながら映画を作りたいと思う。関わってくれたスタッフ、キャスト、クラウドファンディングでご支援していただいた方々、世話になった友人、知人、家族、それから公開に当たって協力していただく方々に深く感謝したい。一人ではこの映画は出来なかった。僕はどうやら一人では生きられなくなってしまったようである。

関連記事

森岡龍のほかの記事

関連商品