映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

水嶋ヒロ、娘と描いたイラストをしまじろうにプレゼント

74

「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」完成披露上映イベントの様子。

「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」完成披露上映イベントの様子。

フル3DCG作品「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」完成披露上映イベントが、本日2月25日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、アンバサダーの水嶋ヒロが登壇した。

本作は、こどもちゃれんじのキャラクター・しまじろうが活躍する「映画しまじろう」の第8弾。雨が降らずに困っていた海の向こうの国・グリーンウッドを舞台に、“空飛ぶ船”を造って雨を降らせることになったしまじろうたちの姿を描く。

イベントではまずしまじろうが登場し、会場の子供たちに挨拶。そして水嶋が「どうも水嶋です」と控えめに登壇する。4歳の長女と4カ月の次女を持つ水嶋は「今日は娘が『しまちゃんとはなちゃんに渡したい』ということで持ってきました」と言って、長女が手がけたイラストをしまじろうにプレゼントする。絵を見て「僕とはなちゃんだー!」と喜ぶしまじろうに対し、水嶋は「僕もちょっと手伝いました」と笑った。

その後水嶋が「子供たちにとっては『誰だろう、このおじさん?』って感じかもしれないけど、ちょっと大人の時間ということで……」と会場の子供たちに呼びかけ、トークコーナーがスタート。水嶋の長女は1歳からこどもちゃれんじをやっているそうで、先程のイラストに関しても最初は「しまじろうを描いて」とお願いしたが、本人が「どうしても大好きなはなちゃんも描きたい」と希望したことなどが語られた。

トークの中で水嶋は、我が子の成長を感じる瞬間についてコメント。「上の子はすごくお姉さんになってきたし、下の子が生まれてもっとしっかりしてきた感じがします。よくしゃべりますね。この間も『2人でお月様に向かってお願いごとしようか』って言ったら、『神様、私に妹をくれてありがとう』って言ってて、かわいいなと思いました。『もう1人赤ちゃんをください』って3人目もおねだりしてましたね。それはもう無理ですって思いながらも(笑)、そんなことを言えるようになったんだなって感動しました」と回想する。

また水嶋は、家族そろって本作を鑑賞したそうで「なにより子供に観てほしい作品だと思いました。家族愛から始まって、作品を楽しみながらあきらめない心や友情が学べるというのは、親としてありがたい」と感想を語る。本作は子供向けに10分間の休憩が設けられているほか、上映劇場の明るさも子供用に調整されていることから「途中で休憩が入るタイミングも絶妙で、よく考えて作られているなと思います」と絶賛した。

終盤には、本作のストーリーにちなみ「あきらめないでがんばりたいことは?」という質問が。水嶋は「今は赤ちゃんを育てている真っ最中です。次女は自我が芽生えてきて、特に僕があげるミルクを飲んでくれなくなっちゃったんです。それで心が折れそうになる瞬間があるのですが、あきらめないでがんばろうと思う」と意気込みを語る。そして子育て中の親たちに向けて「育児って山あり谷ありで、親もともに成長できるいい時間だと思います。大変なこともやっぱり多いので、一緒に育児をがんばっていきましょう!」とメッセージを送った。

イベントの最後にはまなお姉さんやみみりん、とりっぴい、にゃっきいも登場し、しまじろうと一緒に「ワンパパ体操」をパフォーマンス。さらに水嶋が「娘に頼まれたので……」と恥じらいながら、自身のスマホでしまじろうたちと記念撮影する一幕もあった。

河村友宏が監督を務めた「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」は2月28日に全国公開。

※「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」は新型コロナウイルスの影響により、公開延期となりました。

(c)Benesse Corporation2020 (c)上海合源文化伝媒有限公司

映画ナタリーをフォロー