2018年台湾興収No.1、リウ・イーハオとアイビー・チェン共演の恋愛映画公開

79

台湾の2018年国内映画興行収入ランキング1位を記録した「悲しみより、もっと悲しい物語」が、4月3日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

「悲しみより、もっと悲しい物語」キービジュアル

「悲しみより、もっと悲しい物語」キービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

クォン・サンウ主演の韓国映画「悲しみよりもっと悲しい物語」 の台湾リメイク版となる本作は、若くして天涯孤独になった音楽プロデューサーのKと、交通事故で家族を亡くした作詞家クリームの愛を描くラブストーリー。高校で運命的に出会った2人はやがて一緒に生活するようになるが、互いに恋心を秘めながらかけがえのないパートナーとして過ごしていた。しかし白血病のため自分の余命が残りわずかと知ったKは、愛するクリームのため、ひそかに“準備”を始める。

「悲しみより、もっと悲しい物語」

「悲しみより、もっと悲しい物語」[拡大]

「私を月に連れてって」のリウ・イーハオがK、「軍中楽園」のアイビー・チェンがクリームを演じたほか、アニー・チェンブライアン・チャン、エマ・ウーが出演。また主題歌を歌うA-Linが本人役で映画デビューを果たした。監督はギャビン・リンが務めている。なお本作は2019年に、第14回大阪アジアン映画祭で上映された。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品