山田裕貴が「映画クレヨンしんちゃん」にゲスト出演「ドキがムネムネ~です!」

1810

山田裕貴が「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」でゲスト声優を務めることがわかった。

左から山田裕貴、野原しんのすけ。

左から山田裕貴、野原しんのすけ。

大きなサイズで見る(全7件)

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」ティザービジュアル

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」ティザービジュアル[拡大]

アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第28弾にあたる本作。地上の落書きをエネルギーにして浮かぶラクガキングダムの王国軍が、無理やり人間に落書きをさせるウキウキカキカキ作戦を決行する中、野原しんのすけたちが平和のために戦うさまを描く。

山田裕貴が声を当てる防衛大臣。

山田裕貴が声を当てる防衛大臣。[拡大]

山田が声を当てるのは、ラクガキングダムの閣僚でウキウキカキカキ作戦を実行に踏み切る防衛大臣。山田は「小さい頃からアニメを観てましたし、よくしんちゃんの真似をしておシリを出して怒られていました」と「クレヨンしんちゃん」にまつわる思い出を回想し、「こうやって大人になってからしんちゃんと“おシリあい”になれて、すごく嬉しいしドキがムネムネ~です!」と喜ぶ。アニメ作品の声優を担当するのは本作が初めてであり、「以前からやりたかった声優のお仕事なので、記憶に残るキャラクターを作りたいな、と強く思います」と意気込みを語った。

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は4月24日より全国ロードショー。「ラブライブ!」「宝石の国」や、「KING OF PRISM」シリーズのプリズムショー演出で知られる京極尚彦が監督を務め、「そこのみにて光輝く」の高田亮が京極とともに脚本を担当した。

※「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

山田裕貴 コメント

小さい頃からアニメを観てましたし、よくしんちゃんの真似をしておシリを出して怒られていましたし(笑)、こうやって大人になってからしんちゃんと“おシリあい”になれて、すごく嬉しいしドキがムネムネ~です!
僕の演じる防衛大臣は、最初は「すごく悪いやつなんだ」と思っていましたが、実は素直さや心の純粋さも持っていてすごく魅力的なキャラクターです。
以前からやりたかった声優のお仕事なので、記憶に残るキャラクターを作りたいな、と強く思います。挑戦だけで終わらず、しっかり演技を声で出来たらいいですね。声の演技で僕の俳優業を“防衛”します!!

野原しんのすけ コメント

お初にお目にかかります~。
オラに負けず劣らず人気者のイケメン! ゆうきおにいさん!
イケメン共演が実現してオラうれしいゾ。
でも……今回の映画ではお空に浮かぶラクガキングダムの防衛大臣役で、みんなに無理やりラクガキさせるんだよね?
そんなの絶対ダメだゾ!
オラ5歳なのにため息が出ちゃう……ふぅ。
オラとゆうきおにいさんの対決、みんなも映画館にみにくれば~。

この記事の画像・動画(全7件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

山田裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020