「山中静夫氏の尊厳死」登場人物は誰一人泣かない、完成披露に中村梅雀や津田寛治ら

396

山中静夫氏の尊厳死」の完成披露上映会が本日1月21日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの中村梅雀津田寛治高畑淳子田中美里小澤雄太劇団EXILE)、江澤良太、大方斐紗子、監督を務めた村橋明郎が登壇した。

「山中静夫氏の尊厳死」完成披露上映会の様子。左から小澤雄太、高畑淳子、中村梅雀、津田寛治、田中美里、江澤良太、大方斐紗子、村橋明郎。

「山中静夫氏の尊厳死」完成披露上映会の様子。左から小澤雄太、高畑淳子、中村梅雀、津田寛治、田中美里、江澤良太、大方斐紗子、村橋明郎。

大きなサイズで見る(全13件)

「山中静夫氏の尊厳死」チラシビジュアル

「山中静夫氏の尊厳死」チラシビジュアル[拡大]

南木佳士による同名小説をもとに、末期のがん患者・山中静夫と信州の病院に勤める内科医・今井俊行の姿を描いた本作。余命宣告された山中の姿を通して、人間が死んでいくこと、最期まで生き抜くことの意味を問う。梅雀が山中、津田が今井、高畑が山中の妻・つね子、田中が今井の妻・早智子、小澤が研修医の中田治を演じている。

左から中村梅雀、津田寛治。

左から中村梅雀、津田寛治。[拡大]

本作のために体重を6kg減量したという梅雀は「肺腺がんというのは発見されてから亡くなるのが早く、健康体な様子のまま亡くなっていくらしいんです。監督も『死んでいく人間が死に向かってポジティブになっていくさまを描きたい』と言っており、痩せる必要がなかった。でも映画を観てる人は、こいつ死なねえだろうなと思うだろうから、最初に6kg落としました」と冗談交じりに役作りを述懐。本作を「不思議な映画」と語る津田も「がん患者がどんどんふくよかで健康的になっていき、主治医がどんどん痩せていくんです」と笑って同意した。

中村梅雀

中村梅雀[拡大]

左から高畑淳子、中村梅雀。

左から高畑淳子、中村梅雀。[拡大]

撮影期間中は母親が危篤だったこともあり常に死について考えていたという梅雀。「母の死について考え、肺炎で亡くなった父の息遣いを思い出していました。自分はどんなふうに死んでいきたいのか?と思いながら、毎日、宿でじっと温泉に浸かっていましたね(笑)」と回想する。高畑は妻役の視点から「山中は仕事でも家庭でも一度も我を通したことがない人生なんです。でもそんな彼ががんになって……という物語。映画の中ではあまり描かれない夫婦生活なんですが、ぜひ注目してみてください」とアピールした。

津田寛治

津田寛治[拡大]

津田が「僕ぐらいの歳になると、先輩が現場にいることが少なくなってきた。でも今回はかなり歳上の方が多かった」と尊敬の念を込めて明かすと、「かなりか?」とおどける梅雀。津田は「だから演じていると圧巻されてしまう。この仕事は未経験の方がすごい芝居をされることもあるんですが、積み重ねたものにはやっぱり勝てないんだなと思いました。気が付くと観客のように皆さんのお芝居を受けるだけでした」と振り返る。梅雀との共演シーンで思わず涙を流したこともあったそうで「テストだったんですが、聞いてるうちにポロポロ涙がこぼれてくる。そしたら監督が『この映画は登場人物が誰一人泣かない映画なんですよ』と。本番では自分を戒めて涙をこらえました」と明かした。

「山中静夫氏の尊厳死」は2月14日より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

中村梅雀のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 映画『山中静夫氏の尊厳死』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 山中静夫氏の尊厳死 / 中村梅雀 / 津田寛治 / 高畑淳子 / 田中美里 / 小澤雄太 / 劇団EXILE / 村橋明郎 / 大方斐紗子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。