その楽譜は悪魔とつながる…ルトガー・ハウアー出演ホラーの予告到着

122

7月19日に75歳で死去したルトガー・ハウアーが出演したホラー「デビルズ・ソナタ」の予告編、場面写真、ポスタービジュアルが到着した。

「デビルズ・ソナタ」ポスタービジュアル

「デビルズ・ソナタ」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

「デビルズ・ソナタ」

「デビルズ・ソナタ」[拡大]

若き天才バイオリニストのローズが、ある楽譜に隠された血塗られた秘密に迫る本作。作曲家の父・マーロウの遺産を整理するために屋敷を訪れたローズは、彼が死ぬ間際に作曲していた「バイオリンソナタ 作品54」の楽譜を発見するが、そこには謎のシンボルが記されていた。

「デビルズ・ソナタ」

「デビルズ・ソナタ」[拡大]

「ジャージー・ボーイズ」のフレイヤ・ティングリーがローズ、ハウアーがマーロウを演じたほか、「スクランブル」のシモン・アブカリアン、「アトミック・ブロンド」のジェームズ・フォークナーが出演。予告編には「音楽こそが悪魔とつながる手段だ」というセリフや、突如モンスターのように牙を剥くマーロウの肖像画、霧深い森に佇む子供たちの姿などが映し出されている。

アンドリュー・デズモンドが監督した「デビルズ・ソナタ」は特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2020」のラインナップの1本として、1月3日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で公開。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2018 THE PROJECT FILM CLUB・FEATURISTIC FILMS・CTB FILM COMPANY・TASSE FILM ALL RIGHTS RESERVED