映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

“キモかわいい”がハマッた小瀧望、後輩・ラウールの「かわいいお兄ちゃん」に照れる

6458

左からラウール、小瀧望、馬場ふみか。

左からラウール、小瀧望、馬場ふみか。

連続ドラマ「決してマネしないでください。」の会見が本日10月21日に東京・NHK放送センターで開催され、キャストの小瀧望ジャニーズWEST)、馬場ふみかラウールSnow Man / ジャニーズJr.)が出席した。

蛇蔵によるマンガを原作とした本作は、科学好きで恋愛経験ゼロの工科医大理工学部生・掛田理を主人公とするラブコメディ。掛田に小瀧、掛田が恋する“飯島さん”に馬場、掛田の恋を応援するテレスにラウールが扮した。

“キモかわいく演じてほしい”とオーダーがあったという小瀧は「なにぶんジャニーズなもので、キモくいけるかな?と」と笑いつつ、「1話目を観たら見事にハマっていました。(本作の内容が)とがりすぎているぶん、深く刺さる人には刺さるのではと思います」とアピール。劇中で“偉人”に扮するシーンもある彼は「台本をいただくたびに偉人が増えていくんです……」「西日暮里を偉人の格好で爆走するのは恥ずかしかった」と明かして報道陣の笑いを誘った。

自身の役柄を「とても天然でけっこう変わっている」と説明したのは馬場。彼女は“掛田が恋に落ちる場面”を印象的なシーンとして挙げ、「消火器を持つ姿が勇ましいと言われてうれしかった」と声を弾ませる。ラウールは「普段はキラキラしている小瀧くん、美人な馬場さんが(ドラマの中では)こんなにイモっぽくなるなんて」と2人の変貌ぶりに驚きの声を上げる。

ジャニーズ事務所の先輩・後輩である小瀧とラウール。小瀧は「ラウールは現場の人気者で、みんなのかわいい弟。あとはよく寝る! だからこんなに育つんです」と評し、「僕のほうが身長が高かったのに」と嘆く。一方のラウールは「小瀧くんはかわいいお兄ちゃん」と小瀧に声を掛けたあと、にんまりと笑いながら「ひざの上に急に寝てきたり、そういうのがかわいらしくて」と撮影現場でのエピソードを披露して小瀧を照れ笑いさせた。

全8回の「決してマネしないでください。」は毎週土曜23時30分から放送。ドラマ「きのう何食べた?」の片桐健滋と「アリーキャット」の榊英雄が演出を担当し、土屋亮一、福田晶平、鎌田順也が脚本を手がける。

よるドラ「決してマネしないでください。」

NHK総合 2019年10月26日(土)スタート 毎週土曜 23:30~
※全8回

映画ナタリーをフォロー