映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ザック・エフロンが“衝撃的に凶悪で卑劣”な殺人犯演じる「テッド・バンディ」公開

497

「テッド・バンディ」

「テッド・バンディ」

ザック・エフロンの主演作「Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile」が、「テッド・バンディ」の邦題で12月20日より東京・TOHO シネマズシャンテほか全国で公開されることがわかった。

海外ではNetflixのみで配信され日本限定で劇場公開される本作は、シリアル・キラーの語源となった実在の殺人犯テッド・バンディを主人公とした物語。1970年代、アメリカで30人以上を惨殺したとされる彼は、IQ160の頭脳と美しい容姿で女性を魅了し、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられた。今作では長年の恋人の視点を通して、バンディの知られざる姿が描かれる。エフロンがバンディを演じたほか、リリー・コリンズがバンディの恋人リズに、ジョン・マルコヴィッチが判事に扮した。

このたびYouTubeで公開された予告には、司法、メディア、そして多くの女性たちを翻弄していくバンディの様子を収録。また、リズとの出会いや、2人が仲むつまじく過ごす姿も捉えられた。映像終盤で聞くことができる「極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣」という判事のセリフは、実際の裁判でバンディへ向けられた言葉とされており、本作のコピーにもなっている。

なおメガホンを取ったジョー・バーリンジャーが12月上旬に来日することも決定。彼はNetflixオリジナルドキュメンタリー「殺人鬼との対談: テッド・バンディの場合」でも監督を務め、事件当時の記録映像や関係者へのインタビューを通してバンディの素顔に迫っている。

※「テッド・バンディ」はR15+指定作品

(c)2018WickedNevada,LLC

映画ナタリーをフォロー