「先生から」赤澤遼太郎、芋けんぴを独占?立石俊樹は現場でどんぐり拾う

3430

先生から」の公開記念舞台挨拶が10月5日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催され、キャストの赤澤遼太郎北川尚弥立石俊樹(IVVY)、田鶴翔吾小早川俊輔吉村駿作BQMAP)、伊藤歌歩森田亜紀那波隆史、監督の堀内博志が登壇した。

前列左から北川尚弥、赤澤遼太郎、立石俊樹。後列左から吉村駿作、田鶴翔吾、小早川俊輔。

前列左から北川尚弥、赤澤遼太郎、立石俊樹。後列左から吉村駿作、田鶴翔吾、小早川俊輔。

大きなサイズで見る(全34件)

赤澤遼太郎

赤澤遼太郎[拡大]

作家の“先生”こと小宮久作の存在を巡り、時を超えてそれぞれの思いが交錯するさまを描いた本作。「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成されている。本作が映画初出演にして主演の赤澤は「撮影中は各パートに分かれて進んでいたのですが、実際にできあがった作品を観て『別のチームではこんな一面が見られるんだ』という発見がありました」と語る。

左から立石俊樹、田鶴翔吾。

左から立石俊樹、田鶴翔吾。[拡大]

小早川俊輔

小早川俊輔[拡大]

赤澤と同じく本作が映画初出演だった田鶴は「現場ではわからないことが多かったのですが、中でもケータリングをどのタイミングで、どれくらい食べていいかわからなくて……」と振り返り「彼(赤澤)は、置いてあった芋けんぴを独占しながら食べていました」と暴露。立石との共演シーンが多かった小早川は「撮影の合間に公園でトシ(立石)が落ちているどんぐりを拾い出して。“大物”だと思いました」と裏話を披露した。

左から吉村駿作、北川尚弥。

左から吉村駿作、北川尚弥。[拡大]

立石俊樹

立石俊樹[拡大]

タイトルにちなんだ「自分にとっての“先生”は?」という質問に、北川は「やっぱり、ジョナサンです」と吉村のあだ名で回答。「皆さんがいい意味でジョナサンをいじるので、現場が明るくなって。いい雰囲気で撮影できた」と話すと、吉村も北川を“先生”に挙げ、移動中のバスでセリフ合わせに付き合ってくれたことを述懐する。続いて森田を示した立石は「途中、ツボに入ってしまったときNGを連発してしまって……(笑)。森田さんに助けてもらいました」と感謝の気持ちを述べた。

左から北川尚弥、赤澤遼太郎、立石俊樹。

左から北川尚弥、赤澤遼太郎、立石俊樹。[拡大]

イベントでは登壇者のサインが入った台本が当たるプレゼント抽選会も。最後に赤澤が「映画や小説は、そのときの心情によって受け取り方が変わると思うのですが、この作品を観て、何かひとつでも心に残ったのなら本望です」と語り、公開記念舞台挨拶は終了した。

この記事の画像・動画(全34件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 先生から / 赤澤遼太郎 / 那波隆史 / 北川尚弥 / 立石俊樹 / 田鶴翔吾 / 小早川俊輔 / 吉村駿作 / BQMAP / 伊藤歌歩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。