映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「初恋ロスタイム」竹内涼真、板垣瑞生と吉柳咲良のキスシーンにぐいぐい斬り込む

369

「初恋ロスタイム」公開初日舞台挨拶にて、左から河合勇人、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真。

「初恋ロスタイム」公開初日舞台挨拶にて、左から河合勇人、板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真。

初恋ロスタイム」の公開初日舞台挨拶が本日9月20日、東京・新宿バルト9で行われ、キャストの板垣瑞生M!LK)、吉柳咲良竹内涼真、監督の河合勇人が登壇した。

仁科裕貴による同名小説を映画化した本作は、あらゆるものが突然静止する不思議な現象“ロスタイム”を体験する男女の姿を描く青春ラブストーリー。映画初主演を務めた板垣は「本当にありがとうございます! その一言に尽きます」と客席に向かって思いをあふれさせる。「僕、どうでしたかね? 一生懸命に見えてました?」と軽いノリで尋ねて笑いを誘い、「この映画が皆さんの日常生活を少しでも楽しくできたらうれしいです」とほほえんだ。

舞台作品でデビューした吉柳は、劇場アニメ「天気の子」で天野凪役を務めており、実写作品への出演は本作が初めて。「自分にできるんだろうか、これからどうなっていくのかと不安もありました。私が演じた時音は明るくて自分の意思をちゃんと持っている女の子。時音に背中を押してもらう気持ちで前向きに取り組めました」と撮影当時の心境を打ち明けた。劇中で堂々とした演技を見せた吉柳に、竹内は「初映像だよね? 僕もっとヤバかったよ!」と驚きの様子。自身のデビュー作「仮面ライダードライブ」の名を挙げて「第1話を観てショック受けたんですよ。変身するとき、力みすぎて体が反ってたの。(本作では)反らなかったでしょ!? 尊敬というか、頼もしいなと思ったよ」と吉柳をたたえた。

司会者から思い出のシーンを尋ねられると、竹内は隣の吉柳に「キスは? キスは?」とささやく。吉柳が指でバツを作るも、竹内は負けじと「みんな聞きたいと思うから。そこは聞かせて」と応戦。さらに竹内は板垣と吉柳に「歯磨いた? 僕、『青空エール』で初めてキスシーンやったときめっちゃ歯磨いたよ!」と体験談を教えるが、吉柳からは「そんなに覚えてない……」とつれない返事が。これには相手役の板垣も「記憶にも残らんかった(笑)」と苦笑。フレッシュな板垣と吉柳に対し、河合は「照明の助けがいらないくらいのキラキラを発してくれました」と満足げに語った。

「初恋ロスタイム」は全国で上映中。

(c)2019「初恋ロスタイム」製作委員会

映画ナタリーをフォロー