映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

鈴鹿央士「決算!忠臣蔵」で岡村隆史の息子役に「今後は殺陣にも挑戦したい」

61

「決算!忠臣蔵」より、鈴鹿央士演じる矢頭右衛門七。

「決算!忠臣蔵」より、鈴鹿央士演じる矢頭右衛門七。

堤真一と岡村隆史(ナインティナイン)がダブル主演を務める「決算!忠臣蔵」に鈴鹿央士が出演することがわかった。

山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を実写化した本作。吉良上野介への仇討ちにかかる費用を、予算9500万円以内でやりくりすることになった赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助と勘定方・矢頭長助の奮闘が描かれる。内蔵助を堤、長助を岡村が演じたほか、濱田岳、横山裕、荒川良々、妻夫木聡、竹内結子、石原さとみがキャストに名を連ねた。

鈴鹿が演じるのは、長助の息子・矢頭右衛門七(やとうえもしち)。元服前にもかかわらず討ち入りへの参加を熱望し、内蔵助を大いに困らせる役どころとなる。時代劇初挑戦となる鈴鹿は「オーディションの時から『岡村隆史さんの息子役は自分しかいない!』と意気込んで臨みました」と明かし、「日本を代表するそうそうたるメンバーの中にいられるだけで、何より幸せな時間でした」と振り返った。また「今後はぜひ殺陣にも挑戦してみたいです」と意欲を見せている。

撮影現場では、岡村から「わしの息子がこんなに背が高くて、かっこいいわけないがない!」とツッコミを入れられる場面もあったという。監督の中村義洋は「不思議な魅力に溢れた若者です」と鈴鹿を称賛している。

「決算!忠臣蔵」は11月22日より全国でロードショー。

鈴鹿央士 コメント

オーディションの時から「岡村隆史さんの息子役は自分しかいない!」と意気込んで臨みました。
初めてカツラをつけて、袴を履いて、
日本を代表するそうそうたるメンバーの中にいられるだけで、何より幸せな時間でした。
初めての時代劇は、演者(=過去)とスタッフ(=現在)の時代、世界が、
カメラを境目として入り交じる、大変不思議な感覚と、感動を覚えました。
今後はぜひ殺陣にも挑戦してみたいです。

中村義洋 コメント

不思議な若者です……。とっても、いい意味で。
岡山市出身らしいんですが、高校生の時、電車で寝過ごして起きたら赤穂だったそうで、
それはもう、その時から赤穂浪士になるのが決まってたんじゃないの?
と超自然な力を感じてしまうほど、不思議な魅力に溢れた若者です。

(c)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

映画ナタリーをフォロー