映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「天気の子」週末動員トップ発進、「チャイルド・プレイ」「東京喰種」も初登場

1945

7月20日から21日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、初登場の「天気の子」が1位に輝いた。

新海誠の監督作「天気の子」は、天候の調和が狂っていく時代を舞台に、離島から東京に家出してきた高校生・森嶋帆高と、祈るだけで空を晴れにできる不思議な力を持つ少女・天野陽菜が織りなす物語。醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、小栗旬が声優として参加した。7月19日に全国448スクリーンで封切られ、21日までで動員115万9020人、興行収入16億4380万円を突破。これは、興行収入250億3000万円を記録した「君の名は。」の初日から3日間の数値と比較すると、128.6%の記録となっている。

そのほか、殺人人形チャッキーの恐怖を描くシリーズ最新作「チャイルド・プレイ」が6位に、窪田正孝、松田翔太、山本舞香らが出演した「東京喰種 トーキョーグール【S】」が7位に初登場。なお、公開7週目を迎えたディズニー作品「アラジン」は4位に入っているが、7月17日時点で興行収入100億309万9800円、動員702万1270人を記録している。

※記事初出時より、情報を一部更新しました。

2019年7月20日~21日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(NEW)「天気の子」
2.(1↓ / 2週目)「トイ・ストーリー4
3.(2↓ / 2週目)「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
4.(3↓ / 7週目)「アラジン」
5.(4↓ / 4週目)「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
6.(NEW)「チャイルド・プレイ」
7.(NEW)「東京喰種 トーキョーグール【S】」
8.(5↓ / 3週目)「Diner ダイナー
9.(6↓ / 5週目)「ザ・ファブル
10.(8↓ / 6週目)「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

映画ナタリーをフォロー