映画「アラジン」 PR

=LOVE齊藤なぎさが語る映画「アラジン」|大のディズニー好きアイドル、実写化された“運命の出会い”に興奮

ディズニーの実写映画「アラジン」が6月7日に公開された。ガイ・リッチーが監督を務めた本作は、1992年に公開され大ヒットしたディズニーアニメーションの名作を実写化したファンタジーアドベンチャー。砂漠の王国アグラバーを舞台に主人公アラジンと王女ジャスミン、ランプの魔人ジーニーによるロマンスと冒険が描かれる。

ナタリーでは映画の公開を記念した特集企画を展開。音楽ナタリーではディズニー好きを公言する=LOVEの齊藤なぎさにいち早く「アラジン」を鑑賞してもらい、印象に残ったシーンやキャラクター、「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとする劇中曲について聞いた。

取材・文 / 近藤隼人 撮影 / 関口佳代

実写化したことによって迫力がケタ違いに

──映画「アラジン」のアニメーション版はなぎささんが生まれる前の1992年に公開されましたが、ご覧になったことはありますか?

齊藤なぎさ(=LOVE)

あります! もともとディズニー映画が大好きで、アニメーションも実写もほとんどの作品を観ています。

──東京ディズニーランドや東京ディズニーシーにもよく行くんですか?

そうですね。本当にディズニーが好きすぎて、1カ月に1回は行きたいくらいです。ディズニーホテルに泊まることもあります。

──そんなディズニー好きのなぎささんに実写版の「アラジン」を観た感想を伺いたいのですが、アニメーションと比べて、実写ならではの魅力を感じたところはありますか?

映画「アラジン」メインビジュアル

迫力ですね。それと役者さんの表情がすごくて、感情移入しちゃう場面がたくさんあって。映画の世界にワープして、まるでその場にいるかのような気持ちになりました。実写化されたことによって迫力がケタ違いに上がったと思います。

──今の技術だからこそ表現できるシーンがたくさんありましたね。あらかじめストーリーを知っていてもドキドキしましたか?

「これからどうなるの!?」と思っちゃうくらい、まったく新しい映画を観ているような気分でした。でもアニメーション版のよさもしっかり残っているし、作品がアップデートされていました。いろんな要素が組み込まれているからすべてのシーンで感情が動いて、目を見開いてどの瞬間も見逃さないようにしていました。

──128分の上映時間はあっという間でした?

短かったです! 3分くらいに感じました(笑)。 あと5、6回は観ます! ディズニー好きの友達がいるので、一緒に観に行きたいです。

ジャスミンみたいに強い女性になりたい

──劇中で特に印象的だったシーンやセリフはありますか?

ジャスミン

一番好きなのは、ジャスミンが拘束されて連れて行かれるときに力強い歌を歌う場面です。「女は意見を言わなくていい。美しいだけでいいんだ」という言葉に反抗する姿からジャスミンの強さが伝わってきて、本当に泣きそうになってしまいました。ジャスミンみたいに勇気を持っている女性は素敵だと思ったし、彼女に心動かされる人たちの感情もスクリーンから伝わってきて……あのシーンはすごく心に残ってます。

──特に実写版のジャスミンは芯が強い女性として描かれていて、現代の女性像を意識されている部分がありますよね。

私たちのお手本のような存在というか。私は自分の意見を言えずに胸の中にしまってしまうことがあるので、気持ちを口に出して表現するジャスミンのキャラクターに惹かれるんです。ジャスミンみたいに強い女性になりたいと思いました。

──では、一番のお気に入りのキャラクターはジャスミン?

うーん、ジャスミンもですが……アラジンの相棒であるお猿さんのアブーがかわいすぎて! 魅力的なキャラクターで癒やされました。ジーニーが「フレンド・ライク・ミー」を歌い始めるシーンでは、シンバルを叩いているアブーの姿に爆笑しちゃいました(笑)。そういうコミカルな場面にも引き込まれる映画ですね。

──動物のキャラクターとしては常にジャスミンと行動を共にしている虎のラジャーや、ジャファーの忠実なしもべであるオウムのイアーゴもCGで迫力たっぷりに描かれていました。

齊藤なぎさ(=LOVE)

ラジャーもかわいかったです! アラジンに対して心を開いて顔を舐めるシーンでは、アラジンのきれいな心を見抜いたのかなと感動しました。イアーゴは面白くて、ストーリーのいいアクセントになっていたと思います。

──それとストーリー上とても重要なキャラクターとして魔法のじゅうたんも登場しますが、言葉を話せないぶん、アクションで感情を表現している様が特徴的でしたね。

しっかり実写で再現されていて、素晴らしかったです。アブーと仲よくなって友情が芽生えていたのも素敵だったし、ピンチの場面でいつも活躍してくれて、頼もしいキャラクターでした。アラジン、アブー、ジーニー、魔法のじゅうたんの結束の強さがとてもよかったです。

「アラジン」
公開中
ストーリー

“ダイヤモンドの心”を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。アラジンとジャスミンの心が重なるとき、昨日と同じ世界が “新しい世界”となって輝き出し、2人はこれまで気付かなかった願いに気付いていく。この身分違いの恋を見守るジーニーもまた、宇宙で最も偉大な力を持ちながらも、ランプから自由になることを密かに願っていた。この運命の出会いによって、彼らはそれぞれの“本当の願い”を叶えることができるのだろうか……?

スタッフ

監督:ガイ・リッチー

脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー

音楽:アラン・メンケン

キャスト

アラジン:メナ・マスード

ジャスミン:ナオミ・スコット

ジーニー:ウィル・スミス

ジャファー:マーワン・ケンザリ

プレミアム吹替版キャスト

アラジン:中村倫也

ジャスミン:木下晴香

ジーニー:山寺宏一

ジャファー:北村一輝

=LOVE(イコールラブ)
=LOVE
代々木アニメーション学院と指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ。指原が自身の理想のアイドルをプロデュースするために、代々木アニメーション学院とのタッグでオーディションを行い、審査の末に大谷映美里、大場花菜、音嶋莉沙、齋藤樹愛羅、齊藤なぎさ、佐々木舞香、佐竹のん乃、髙松瞳、瀧脇笙古、野口衣織、諸橋沙夏、山本杏奈の12名がメンバーとして選出された。2017年8月に行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」で初パフォーマンスを披露し、SACRA MUSICからメジャーデビューすることを発表。同年9月にデビューシングル「=LOVE」をリリースした。2018年2月には初主演舞台「けものフレンズ」、7月には「ガールフレンド(仮)」が「あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト」として上演され好評を得る。2019年2月に東京・昭和女子大学人見記念講堂で1stコンサート「初めまして、=LOVEです。」を開催。同年4月には1stライブツアー「今、この船に乗れ!」を行ったほか、通算5枚目のシングル「探せ ダイヤモンドリリー」を発売した。