映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

Snow Man岩本、ラウール、渡辺、目黒の“ヤバ怖”ドラマ撮了「想像を裏切る」

2721

左から目黒蓮、ラウール、岩本照、渡辺翔太。

左から目黒蓮、ラウール、岩本照、渡辺翔太。

連続ドラマ「簡単なお仕事です。に応募してみた」が去る6月下旬にクランクアップ。主演を務めたSnow Man / ジャニーズJr.の岩本照ラウール渡辺翔太目黒蓮よりコメントが到着した。

本作は、スクープ映像を収録するためにテレビ制作会社が“お金に困っている若者”を募集したことから始まる物語。集まった3人の若者たちにカメラが密着し、怪しい仕事の実態を追跡していくさまが描かれる。バイトマニアの“サルサ”こと早川優を岩本、ちょっとビビリな“トリハダ”こと柳圭一を渡辺、極度の小心者で貧乏大学生の“ワンちゃん”こと秋田若大を目黒、謎の新米ディレクター“モモ”こと百本豪をラウールがそれぞれ演じた。

全10話で構成された本作の撮影は、1カ月にわたって行われた。初日の朝は「緊張してます」と口をそろえていた4人だったが、1人がセリフを口にすればほかのメンバーも加わって掛け合いが始まるなど息ぴったりの様子。ロケは草木が生い茂る古い民家で行われ、大量の虫に一同が大騒ぎする場面も見られた。劇中には4人が民家、高層ビル、山奥などさまざまな状況で起こる“ヤバ怖”な出来事から走って逃げるシーンも。身体能力の高さに定評がある彼らの姿がアクションカメラやドローン、ステディカムによって捉えられていった。

撮影を終え、岩本は「まったく違う10のストーリーそれぞれが想像力を掻き立てるようなエンディングを迎えているので、その先にもしかしたらこんな続きが……と想像して楽しんでもらえると思います。絶対、その想像を裏切っていくので、楽しみにしていてください」と、これがドラマ初出演のラウールは「この経験を自分の成長につなげていければと思いますし、これからもお芝居のお仕事に挑戦していきたいなと改めて思いました。こんなに面白い仕事はないです!」と語る。そして渡辺は「激しかったなと……。ドラマってこんなにハードだったっけ?って」と率直に心境を明かし、目黒は「普通は、“怖い”と“笑い”って交わらないはずなのに、交わっちゃってますから。誰も観たことがない、“ヤバ怖”という新しいジャンルを開拓した作品です」とドラマをアピールした。

「タイムスクープハンター」シリーズの中尾浩之が監督、「怪物くん」の高橋悠也が脚本を担当した「簡単なお仕事です。に応募してみた」は、日本テレビにて7月22日24時59分より放送スタート。本作はHuluでも配信される。なお、このたびリニューアルされた番組公式サイトでは、1話の予告映像が公開中だ。

簡単なお仕事です。に応募してみた

日本テレビ 2019年7月22日(月)スタート 毎週月曜24:59~

岩本照 コメント

「簡単なお仕事」とタイトルにありますけど、全然「簡単なお仕事」ではなかったです。これまで舞台やドラマのお仕事をさせていただいた経験もありますが、その時は自分のことで精一杯で。今回は周りのスタッフさんや共演者の方々が今何を考えているのか? 何をしたいのか?を考えながら、芝居に向き合うことができたと思います。
監督が自然な演出をしてくださって、それぞれが本人でもあり役のキャラクターでもあった1カ月だったので、演技のスイッチがオフになることなく、ここまで来れたのが、とても達成感があります。
ホラーと聞くと、みなさん「“ヤバ怖”って言ってもだいたいこんな感じでしょ」って展開や結末を予想すると思いますけど、まったく違う10のストーリーそれぞれが想像力を掻き立てるようなエンディングを迎えているので、その先にもしかしたらこんな続きが……と想像して楽しんでもらえると思います。絶対、その想像を裏切っていくので、楽しみにしていてください。

ラウール コメント

初めてのドラマで、初めての経験ばかりだったので、純粋に楽しんで撮影に臨めました。ドラマの撮影でなければ行かない場所もたくさんあったし、本当に貴重な時間でした。この経験を自分の成長につなげていければと思いますし、これからもお芝居のお仕事に挑戦していきたいなと改めて思いました。こんなに面白い仕事はないです! ひとまずは、クランクアップを無事に迎えることができて、少し安心したところですね(笑)。そして、このドラマが最高に面白い作品になればと思います!
実は9話のラストで、今まで仲間思いで優しい感じだったモモ君が豹変するシーンがあるんです。そこが僕自身、お芝居として苦労しました。何回もやり直しさせていただいて……反省したシーンでもあるし、印象に残っています。
もちろん、必ずリアルタイムで観てほしいんですけど、このドラマは録画しておくこともオススメします! リアルタイムで観て、もう一度録画を見返すと絶対に新しい発見がありますから。

渡辺翔太 コメント

素直な感想は、激しかったなと……。ドラマってこんなにハードだったっけ?って。クランクアップの実感が湧いてきて、急に言葉が出てこなくなりましたね(笑)。たくさん走ったり動いたり、大変なこともありましたけど、僕たちが全力で取り組んだことを、観ている方々に面白がってもらえたらいいなと思います。
メンバー3人とも距離が縮まりましたね。照は、台本の流れや話のつながりの細かいところまで意識して、全体を見ながらスタッフさんとも話していたし、ラウールは、ドラマ出演が初めてだったけど、一番ナチュラルに演技していました。目黒は監督やスタッフさんに積極的に相談したり、常に前のめりで、そのガッツが最高だなと思いました。
リアルで身近なシチュエーションが多いので、思わず引き込まれる作品になると思います。ちょうど夏で、夜ふかしもしたくなる季節ですし、学生の方は夏休みにも入ると思うので、毎週月曜日の楽しみの1つとして、このドラマを生活のルーティーンに組み込んでもらえれたら嬉しいです!

目黒蓮 コメント

初主演の作品でしたが、メンバー4人と一緒で心強かったです。このドラマはシンプルに面白くなると思います! 自分が出ているからそう思うとかではなく……僕自身も今からオンエアをすごく楽しみにしています。
タイトな撮影で、自分と真逆な役というギャップに最初は苦労しましたが、毎日の積み重ねで台詞覚えもかなり成長したなと感じています。これから舞台にも映像の作品にも、今回の経験を生かしていきたいです。
とにかくマジで観た方がいいです! この気持ち、伝わってますか?(笑) 普通は、“怖い”と“笑い”って交わらないはずなのに、交わっちゃってますから。誰も観たことがない、“ヤバ怖”という新しいジャンルを開拓した作品です。少しでも気になったら、夏の夜のおともに観てください!

(c)NTV・J Storm

映画ナタリーをフォロー