映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ワイスピ/スーパーコンボ」山寺宏一と沢城みゆきが日本語吹替ファミリー仲間入り

389

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の日本語吹替版キャスト。左から小山力也、山路和弘、山寺宏一、沢城みゆき。

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の日本語吹替版キャスト。左から小山力也、山路和弘、山寺宏一、沢城みゆき。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の日本語吹替版に、小山力也山路和弘山寺宏一沢城みゆきが参加することが発表された。

元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと元MI6エージェントのデッカード・ショウが、犬猿の仲であるにもかかわらずタッグを組む本作。これまでの「ワイルド・スピード」シリーズ同様、ドウェイン・ジョンソン演じるホブスに小山、ジェイソン・ステイサム演じるショウに山路が声を当てる。

本作では2人の前に立ちはだかる敵として、世界の破滅をもくろむ超人的な戦士ブリクストンが登場。イドリス・エルバ扮するブリクストン役の山寺は、今回がシリーズ初参加となる。さらにショウの妹であり兄譲りの戦闘力を持つ女性エージェント、ヴァネッサ・カービー演じるハッティ役で沢城も仲間入りする。そのほか沢田敏子宇山玲加、遠藤純一、たかはし智秋も吹替キャストに名を連ねた。

山寺は「ブリクストンは人間離れした強さを持つ男で、体もデカく存在感がハンパない。しかも戦うのが小山さん山路さんのコンビなので、声の演技で負けてしまわないよう気合いを入れて頑張りました!」と興奮のコメント。沢城も「声優としての人生の中で、力也さん&山路さんと肩を並べて共闘し、山寺さんと戦うことができる日が来るだなんて」と歓喜している。

「アトミック・ブロンド」「デッドプール2」のデヴィッド・リーチが監督を務めた「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」は、8月2日より日米同時ロードショー。

小山力也 コメント

吹替えが大好きです。吹替えに育てて頂きました。吹替えは、先達の誇り、仲間の誇り、未来へ誇りです。僕らは、寸法合わせの滑舌マシーンではありません。
映像の中の俳優に畏怖し、共演者を畏敬し、そして勝負を挑む。生きて血の通った声を届ける。
男の色気の山路さん、数多のスキルの山寺さん、瞬時の判断力の沢城さん、そして一瞬にして吹替えの世界に連れていって下さる沢田さん。本当に嬉しい現場でした。
カンパイのビールが旨い! 吹替え万歳!!

山路和弘 コメント

「まさか地球を救うとは…」なんて言いながら皆でワイワイ飯を食った。
途中参加の私としては詳しい事は定かではないが。
それにしてもデッカードはあんなにオシャレだったか? ステイサムのイメージなのだろう…。
アイデアを出し合い好き放題に皆でやってるだろう撮影現場の空気が伝わり、
吹替え現場まで好き放題…いや、それは冗談。
兎に角、いい年こいた男達が男を張り合う姿は可愛くて痛快だ。

山寺宏一 コメント

絶大なる人気を誇るシリーズに参加する事が出来て本当に嬉しいです!
ブリクストンは人間離れした強さを持つ男で、体もデカく存在感がハンパない。
しかも戦うのが小山さん山路さんのコンビなので、声の演技で負けてしまわないよう気合いを入れて頑張りました! これだけ自分とかけ離れた役を演じられるのは、声優としての醍醐味です。あらためて「アクション映画って楽しい!」「魅力的な悪役って楽しい!」と感じました。楽しすぎて、収録後飲まずには帰れませんでした(笑)。

沢城みゆき コメント

声優としての人生の中で、力也さん&山路さんと肩を並べて共闘し、山寺さんと戦うことができる日が来るだなんて、半ば夢かなぁと、受け止め切れず思わず苦笑したのが、台本を開いて最初のリアクションでした。敬愛する(!)御三方と、実際にマイク前、横一列で収録した時の高揚は、残念ながらどうにも文字ではお伝えしきれません。
あの…とにかく、最高に“アレ”で! “アレ”でした!!!
ぜひ劇場で体感していただけたらと思います。

(c)Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー