映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「潤一」志尊淳が「いい気持ち」、夏帆は撮影で「お父さんに見られた気分」味わう

1351

「潤一」公開記念舞台挨拶の様子。

「潤一」公開記念舞台挨拶の様子。

潤一」の公開記念舞台挨拶が本日6月14日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの志尊淳藤井美菜夏帆蒔田彩珠伊藤万理華原田美枝子、監督を務めた北原栄治広瀬奈々子が登壇した。

井上荒野の小説をもとにした本作は、女性たちを虜にする妖艶な青年・潤一と6人の孤独な女性たちとの刹那の愛を描く物語。潤一役の志尊は、藤井たち女性キャストが多く並ぶステージに上がった感想を「いい気持ちです(笑)」と語り、オファーを受けたときの心境を「お話をいただいてから小説を読んだんですが、今まで感じたことのない感情を持ち、自分の考えを覆される経験をしました。自分が想像した潤一像をはるかに超えるものを作りたいという気持ちでお引き受けいたしました」と振り返った。

藤井は、これまであまり経験がなかったという妊婦役について「妊婦であることに戸惑いを感じている役なので、お腹をさすったりという妊婦らしい表現を排除した結果、より難しくなってしまいました」と述懐。志尊については「お若いのにとてもしっかりされていて、引っ張っていただきました。素敵な緊張感の中でみんなでアドレナリンを出しながら撮影していました」と述べる。

夏帆は撮影を振り返り「初日から飛ばしてましたよね(笑)」と志尊とともに苦笑。北原と広瀬が自身の出演作「海街diary」にも参加していたことから「もう家族のような印象なので、衝撃的なシーンの撮影のときにはお父さんに見られたような気分でした(笑)。でも新鮮でとても楽しかったです」と語り、北原を笑わせた。

フランス・カンヌ国際シリーズフェスティバルのコンペティション部門に出品された本作。藤井、北原、広瀬とともに現地へ飛んだ志尊は、公式上映が行われたあとに観客から続々と感想を寄せられたと明かし「フランス語だったので、半分ぐらい理解できなかったんですが(笑)。『結局、潤一って?』と答えを求めようとする方がたくさんいらっしゃったなという印象でした」と回想する。最後に志尊は「このように観てほしいという思いは一切なく、皆さんが感じ取ったままを楽しんでください。官能的な部分が先行していますが、人間ドラマの部分や登場する女性の方々も本当に美しいので、魅了されていく作品だと思います」と観客に語りかけた。

「潤一」は本日から同館にて1週間限定でレイトショー上映。Amazonプライムビデオ、iTunesほかにて6月26日より先行配信され、7月12日から関西テレビでオンエアされる。

(c)2019「潤一」製作委員会

映画ナタリーをフォロー