樹木希林「幸せになんなきゃ駄目ね」、遺作となったドイツ映画の予告公開

1

387

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 58 141
  • 188 シェア

樹木希林の遺作にして海外デビュー作であるドイツ映画「Cherry Blossoms and Demons」の邦題が「命みじかし、恋せよ乙女」に決定。ポスタービジュアルと予告編が公開された。

「命みじかし、恋せよ乙女」ポスタービジュアル

「命みじかし、恋せよ乙女」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「命みじかし、恋せよ乙女」

「命みじかし、恋せよ乙女」[拡大]

「命みじかし、恋せよ乙女」は酒に溺れ人生を見失ったドイツ人男性カールと、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウの旅を描いた作品。ゴロ・オイラーがカール、ダンサーの入月絢がユウに扮し、樹木はカールが訪れる旅館・茅ヶ崎館の女将を演じた。

YouTubeにて公開されている予告編は、茅ヶ崎館へやって来たカールを女将が笑顔で迎え入れるシーンから始まる。女将が「あなた生きてるんだから、幸せになんなきゃ駄目ね」と言う場面や、スノードームを見つめる様子も切り取られた。

「アム・アイ・ビューティフル?」「フクシマ・モナムール」のドーリス・デリエが監督を務めた「命みじかし、恋せよ乙女」は、8月16日より東京・TOHO シネマズシャンテほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全4件)

(c)Constantin Film Verleih GmbH/ Mathias Bothor

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

樹木希林「幸せになんなきゃ駄目ね」、遺作となったドイツ映画の予告公開
https://t.co/F3bFJ5TQXM

#樹木希林 https://t.co/WegDimGQUU

コメントを読む(1件)

関連記事

樹木希林のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 命みじかし、恋せよ乙女 / 樹木希林 / ゴロ・オイラー / 入月絢 / ドーリス・デリエ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。