ラース・フォン・トリアー特集で「メランコリア」「奇跡の海」など3本上映

107

ラース・フォン・トリアー監督作のオールナイト上映が、6月15日に東京・新文芸坐で行われる。

「メランコリア」 (c)2011 Zentropa Entertainments ApS27

「メランコリア」 (c)2011 Zentropa Entertainments ApS27

大きなサイズで見る(全3件)

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 (c)ZENTROPA ENTERTAINMENTS4,TRUST FILM SVENSKA,LEBERATOR

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 (c)ZENTROPA ENTERTAINMENTS4,TRUST FILM SVENSKA,LEBERATOR[拡大]

この特集では、1996年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したエミリー・ワトソン主演作「奇跡の海」、2000年の同映画祭でパルムドールと女優賞に輝いたビョーク主演作「ダンサー・イン・ザ・ダーク」、キルスティン・ダンストが主演を務めた「メランコリア」がスクリーンに。「奇跡の海」の国内上映権は6月末までとなっているので、お見逃しなく。

チケットは劇場窓口とチケットぴあにて販売中。なおフォン・トリアーの最新作「ハウス・ジャック・ビルト」は6月14日より全国で公開される。

世界の映画作家 Vol.209 受難という魅惑 ラース・フォン・トリアー

2019年6月15日(土)東京都 新文芸坐
開場 21:45 / 開映 22:00 / 終映 翌5:45(予定)
<上映作品>
奇跡の海(1996年)
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
「メランコリア」
料金(税込):一般 2300円 / 前売り券、友の会 2100円
※18歳未満は入場不可

この記事の画像(全3件)

関連記事

ラース・フォン・トリアーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 《世界の映画作家Vol. 209 受難という魅惑 ラース・フォン・トリアー》 / メランコリア / 奇跡の海(1996年) / ダンサー・イン・ザ・ダーク / ラース・フォン・トリアー / エミリー・ワトソン / ビョーク / キルスティン・ダンスト の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。