映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リュウソウジャー」婚活中の追加戦士は“やり手”?佐野史郎が「自分の集大成」

264

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」製作発表会見の様子。

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」製作発表会見の様子。

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」の製作発表会見が、本日5月22日に東京都内で開催され、一ノ瀬颯らレギュラーキャストと、ゲスト出演者の佐野史郎北原里英、監督の上堀内佳寿也が登壇した。

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」は、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の“エピソード0”にあたる劇場版。地球に巨大隕石が衝突した6500万年前へ、リュウソウジャーがタイムスリップするという物語が描かれる。

会見では、まずレギュラーキャストと上堀内がステージに。コウ / リュウソウレッド役の一ノ瀬は、テレビシリーズと劇場版の現場の違いを聞かれ「いい意味で違いは感じなかったので、1話から培ってきたキャラクターを存分に表現できていたらいいな」と答えるが、緊張のため「ははは……」と笑い出してしまう。バンバ / リュウソウブラック役の岸田タツヤに「落ち着いて?」と言われると、一ノ瀬は「だいぶ成長したんですけど……」と頭を掻いていた。

続いて一ノ瀬は、クライマックス後のコウの表情に苦労したと明かし「30回ほどテイクを重ねてしまったんですが……」と苦笑い。メルト / リュウソウブルー役の綱啓永も「ある表情が作れなくて、僕のワンカットだけに2時間くらい使ってしまったんですが、その分いい画が撮れていればいいな」と回想する。アスナ / リュウソウピンク役の尾碕真花は、天候に恵まれず過酷だった撮影を振り返り「今までも喜怒哀楽は演じてきたけど、さらにもう2つくらい、新たな感情が観られると思う」と自信の成長を語った。

トワ / リュウソウグリーン役を務める最年少の小原唯和が「僕の熱い気持ちで、仲間のみんなを動かせるようなお芝居がしたいと思った」と振り返ると、兄役の岸田が「一番しっかりしてるよね、すごいよね」と感心する。本作は、テレビシリーズでバンバが仲間と打ち解ける前に撮影したそうで、岸田は「バンバがどれだけ4人と仲良くなっているのかを想像しながら演じました」と苦労を語った。

龍井うい役の金城茉奈は、本作に追加戦士のカナロ / リュウソウゴールドが登場することに言及。カナロは“婚活中”という設定であることから、金城は「本当に女の子を口説いていて、やり手だな!って思いました」と笑いを起こす。カナロ役の兵頭功海は「現実(プライベート)では口説いていないです(笑)」と即座に訂正し、「この劇場版がクランクインだったので、パイロット版監督の上堀内監督と一緒にやらせていただけたことは、今後につながると思う」と初めての現場を回想。また兵頭は、ほかのキャストが現場で子供たちに囲まれていたことに触れ「解禁前だったので、子供たちは(自分を見て)ポケーっとしていて(笑)。ほかのみんなにはすごく握手しに行っているのを見て、ヒーローってすごいなと思いました。でも子供たちは自分にも『一応握手しとく』って言ってくれたのでよかったです」と笑った。

龍井尚久役の吹越満は「リュウソウ茶色!」とジョークで自己紹介。続けて「出番は少ないですが、みんなに負けないように、真剣に爪痕を残そうと思ってやっています。上層部が観て『このまま行くんじゃなくて、吹越をメインにしろ!』って言ってくれるように。最終的には“地球を救ったのはリュウソウ茶色だった”となるように、と思っています」と前のめりな姿勢を見せた。

ここでゲストの2人が登壇。世界の支配をもくろむ6500万年前のリュウソウ族・ヴァルマ役の佐野は、過去に「海賊戦隊ゴーカイジャー VS 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」にもゲスト出演したことから「子供の頃からヒーローよりも悪役に感情移入してしまっていたので、今回は自分の中で集大成的な意味合いを持って演じました」と明かす。ヴァルマの娘・ユノ役の北原は「佐野さんとは先日もドラマで親子役をやったので、今年に入ってから実の父親よりもよく会っています」と親密ぶりをアピールした。

「次にヒーロー映画に出演するとしたらどんな役を演じたいか?」と質問されると、佐野は「『忍者部隊月光』をもう1回シリーズ化してしていただいて……僕は落ち武者みたいな、何をしでかしても構わない役をやりたいです」「あとは吸血鬼モノかな」「悪い殿様とかね……」とアイデアが止まらなくなってしまう。同じ質問に北原は「今回変身しないので、機会があったら次は変身したい」と意欲を見せた。

若手キャストたちの奮闘ぶりを、上堀内は「この現場はとにかく過酷でした。みんな雨ざらしになりながら必死にお芝居していました。今はまだ成長を語る段階ではないと思いますが、本当にみんな食らいついてきてくれました」と称賛。役者の先輩として、佐野も「監督の厳しい指示に食らいついていく一ノ瀬さんのひたむきな姿に胸打たれました」と証言した。

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」は、「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」とともに7月26日から全国ロードショー。

※関連記事はこちらから
劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演

※関連記事はこちらから
劇場版「ジオウ」は“平成仮面ライダーの最終回”、DA PUMPはダンス封印

(c)2019 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

映画ナタリーをフォロー