映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

オダギリジョー監督作「ある船頭の話」日本の原風景切り取った特報解禁

282

「ある船頭の話」

「ある船頭の話」

オダギリジョー監督作「ある船頭の話」の特報が、YouTubeにて公開。第1弾ポスターも解禁となった。

本作は、橋の建設が進む山村の川で船頭を続けるトイチを主人公に据えた物語。村人の源三が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごすトイチだったが、ふいに現れた1人の少女に人生を少しずつ狂わされていく。トイチを柄本明、源三を村上虹郎、ヒロインを川島鈴遥が演じた。クリストファー・ドイルが撮影監督を務め、ワダエミが衣装を担当している。音楽を手がけたのは、ジャズピアニストのティグラン・ハマシアン。

映像には、ハマシアンによるピアノの旋律が流れる中、日本の原風景が収められた。終盤には「一艘の舟。全てはそこから始まる。」というキャッチコピーが。コピーにはオダギリの「舟に乗り込む客にはそれぞれに理由があり、船頭が彼らにどのように関わっていくのかを丁寧に描きたかった」という思いが込められているという。

「ある船頭の話」は、9月13日に東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。

(c)2019「ある船頭の話」製作委員会

映画ナタリーをフォロー