ジョーカーの誕生描くホアキン・フェニックス主演作、邦題と公開日決定

625

DCコミックスのヴィラン・ジョーカーを主人公とした「Joker」の邦題が「ジョーカー」に決定し、アメリカと同じ10月4日に公開されることが明らかに。特報映像とポスタービジュアルも到着した。

「ジョーカー」ポスタービジュアル

「ジョーカー」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

本作では、大道芸人として生きていたアーサー・フレックが、バットマンの宿敵として知られる殺人鬼ジョーカーになるまでの物語が描かれる。「her/世界でひとつの彼女」「インヒアレント・ヴァイス」のホアキン・フェニックスがジョーカー役で出演。ロバート・デ・ニーロザジー・ビーツもキャストに名を連ねた。

YouTubeで公開された特報は、ピエロの格好をしたアーサーが地下鉄で爆笑する場面からスタート。「俺の人生は悲劇だ。いや違う。喜劇だ」という言葉とともに、アーサーがジョーカーになっていく過程の断片が収められている。

「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップスが監督を務めた「ジョーカー」は全国にてロードショー。

※「ジョーカー」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC Comics