「うち執」清原翔演じる執事の新カット、所作指導受け「挑戦できて光栄でした」

649

永瀬廉(King & Prince)の主演作「うちの執事が言うことには」より、清原翔演じる衣更月蒼馬の新たな場面写真が到着した。

「うちの執事が言うことには」

「うちの執事が言うことには」

大きなサイズで見る(全12件)

「うちの執事が言うことには」

「うちの執事が言うことには」[拡大]

このたびの新カットは、本日4月22日が「執事の日」であることを記念して公開されたもの。永瀬演じる若き当主・烏丸花穎に仕えることになった仏頂面の新米執事・衣更月が、ティーポットを持つさまやフォークを磨く姿が捉えられている。

「うちの執事が言うことには」

「うちの執事が言うことには」[拡大]

クランクイン前に執事の所作指導を受けたという清原は、さまざまな種類のお辞儀を振り返り「例えば、日常の挨拶のお辞儀は浅めに、最敬礼のときには45度。でも、確実に45度よりは深くお辞儀をしないといけないのです。お辞儀1つとってもいろいろあるんだと思いました」とコメント。さらに「撮影中ティーポットを持ってカップに注ぐということが難しかったのを覚えています。意外とティーポットって重いんです」「姿勢を直したり、作法を習ったりと大変でしたが、今まで演じたことがない役柄に挑戦できて光栄でした」と語った。

久万真路が監督を務めた「うちの執事が言うことには」は、5月17日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全12件)

全文を表示

関連記事

清原翔のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会