映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

FOD発表会で高杉真宙が本音こぼす、小関裕太は“生姜焼き”エピソード暴露に照れる

1650

左から高杉真宙、竹内愛紗。

左から高杉真宙、竹内愛紗。

2019FOD コンテンツ発表会が本日3月29日に東京・フジテレビオフィスタワーにて開催され、配信作「いつか、眠りにつく日」に出演した大友花恋小関裕太甲斐翔真、喜多乃愛、「高嶺と花」キャストの高杉真宙竹内愛紗らが出席した。

FODは、フジテレビが運営する動画配信サービス。フジテレビのドラマやバラエティのほか、アニメ、映画、配信オリジナル番組などが見放題で楽しめる。

小関は「いつか、眠りにつく日」の撮影を「6話分を2週間半で、泊まり込みをして撮影したんです。だからこそ(共演者たちと)仲良くなれました」と振り返る。大友は「スタッフの皆さんが温かいごはんを用意してくだったので、みんなで『今日は何かな?』と言い合いながら撮影を乗り切りました。小関さんが生姜焼きを作ってくださったこともあって!」と明かして小関を照れさせたあと、「とびっきり優しい衝撃が最後にあります。ぜひキュンキュンして泣いていただけたら」と作品をアピールした。

「高嶺と花」で“ハイスペック残念イケメン御曹司”を演じた高杉は「(設定が)詰め込まれすぎていて」と笑いつつ、「いろんな表情をしながら、楽しんでやりました」とコメントする。そして彼が「僕以外の主要メンバーは10代。たまに話が噛み合わなくて……」と嘆くと、竹内がすかさず「私たちがわいわいしているのを、遠くから静かに見つめているときもありましたね」と暴露。その言葉に高杉は「大人の余裕でね」と前置きしながらも「本当は輪の中に入りたかった!」と本音をこぼして報道陣の笑いを誘った。

なお、同発表会にはそのほか「ポルノグラファー~インディゴの気分~」より竹財輝之助、吉田宗洋、猪塚健太、「GHOSTTOWN」より大谷亮平、「花にけだもの~Second Season~」より中村ゆりか、超特急のタカシこと松尾太陽、甲斐、「夫のちんぽが入らない」より石橋菜津美、「あいのり:African Journey」よりベッキー、「小説王」より白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、小柳友、桜庭ななみ、主題歌を担当したBALLISTIK BOYZが参加した。

映画ナタリーをフォロー