映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「デイアンドナイト」山田孝之P、本気の芝居に感動「役者ってすばらしい」

371

「デイアンドナイト」初日舞台挨拶の様子。左から藤井道人、安藤政信、阿部進之介、清原果耶、山田孝之。

「デイアンドナイト」初日舞台挨拶の様子。左から藤井道人、安藤政信、阿部進之介、清原果耶、山田孝之。

デイアンドナイト」の初日舞台挨拶が本日1月26日に東京・シネマート新宿にて開催され、キャストの阿部進之介安藤政信清原果耶、監督の藤井道人、プロデューサーの山田孝之が登壇した。

本作は、父親の自殺をきっかけに実家へ帰ることになった阿部演じる明石幸次を主人公とする作品。復讐心に駆られ裏稼業に手を染めていく明石の姿を通し、“人間の善悪”を描き出す。阿部は「ゼロから作品を作る過程を経験したことで、自分にとって大切な作品という気持ちも芽生えた。道のりは長かったけれど、1つの作品を観客に届けるとはこういうことだと体感しました」と感慨深げ。映画制作実務を担当した山田も、「脚本の開発に時間を割いたし、脚本会議が終わって外に出たらもう朝だったということも思い出深い。秋田県に行って市長に会って話をしたり。でも撮影が始まるとあっという間に今日まで来たという感覚。感無量です」としみじみ語った。

主題歌も担当する清原は「(楽曲で)映画の力になれるのはうれしい」と喜びつつも「レコーディングのときはくよくよしっぱなし。声も出ないし、思ったように歌えなくて悩みました」と吐露。そんな清原に藤井は「この曲がエンディングで流れることによって、この映画を救ってくれたと思った」と言葉をかける。またプロデューサーである山田に対して、阿部が「役者がどうやったら役に集中できるかに重きを置いた配慮があった」と感謝の気持ちを述べると、安藤も「孝之は芝居のうまい人なので、(撮影現場で)見られるとプレッシャーもかかるけれど、それが力になって『もっとやってやるぞ! モニターで見ていてくれ!』というテンションになった」と振り返った。

阿部や安藤からの言葉に、山田は「間近で俳優さんたちの本気の芝居を見て、とても感動しました。これからは自分ももっと自信を持って俳優だと言っていこうと思った」と照れ隠し交じりにコメント。すると阿部は「僕の芝居が終わった帰り道に『プロデューサーとして役者って素晴らしいと思った』と言ってくれてうれしかった」と山田とのエピソードを披露した。

(c)「デイアンドナイト」製作委員会

映画ナタリーをフォロー