映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北大路欣也「剣客商売」第5弾放送、貫地谷しほりと斎藤工が見どころ語る

267

「剣客商売 手裏剣お秀」

「剣客商売 手裏剣お秀」

「剣客商売 手裏剣お秀」が明日12月21日にフジテレビ系で放送される。

池波正太郎の小説を原作とするこのドラマは、北大路欣也が主演を務める時代劇シリーズの第5弾。シリーズとしては「剣客商売 陽炎の男」以来3年ぶりの放送となる。北大路が江戸時代屈指の剣の達人・秋山小兵衛に扮し、小兵衛の妻・おはる役で貫地谷しほり、息子役で斎藤工、女剣士・杉原秀役で比嘉愛未が出演。そのほか古谷一行國村隼もキャストに名を連ねた。劇中では、道場に乗り込むも秀に返り討ちにあった侍たちが、浪人を雇い彼女に復讐しようとするさまが描かれる。

出演者たちは、6月に京都で行われた撮影中にコメントを発表。北大路は「ひさびさという感覚はまったくなく、会えばすぐにおはるの雰囲気をパッと感じられて『今回も大丈夫だ!』と思えましたね。斎藤くんとも、5作目ということもあり、お互いの息遣いや間合いなどがわかってきているから、今回はよりうまく自分たちで内容を太らせていけると思います」と述べる。比嘉については「手裏剣もとても上手で感心しました。リズム感というか、そういう感覚がもともと身に付いているんでしょうね」と語った。

見どころを聞かれた貫地谷は「登場人物も皆さん素敵で、歳が離れていようが若かろうが、みんな夢を持っていてとても魅力を感じました」「今回もおはるは、船漕ぎしてます!」とアピール。斎藤は「僕らが、自分や大事な人を守るために何をすべきか考えたときに、精進するということ以上に、自分の根の部分をしっかりと磨くということが、この作品の中では描かれています。小兵衛さんの言葉にも、そんなヒントがたくさん隠されていて、心動かされる瞬間があると思います」と話している。

山下智彦が監督を務め、金子成人が脚本を担当した「剣客商売 手裏剣お秀」は21時よりオンエアとなる。

年末時代劇スペシャル「剣客商売 手裏剣お秀」

フジテレビ系 2018年12月21日(金)21:00~23:12

(c)フジテレビ

映画ナタリーをフォロー