日芸出身・坂田貴大の監督作「クマ・エロヒーム」公開、生と死が管理された世界描く

136

日本大学芸術学部映画学科出身の23歳・坂田貴大の監督作「クマ・エロヒーム」が、12月22日に公開される。

「クマ・エロヒーム」

「クマ・エロヒーム」

大きなサイズで見る(全12件)

「クマ・エロヒーム」チラシビジュアル

「クマ・エロヒーム」チラシビジュアル[拡大]

「クマ・エロヒーム」

「クマ・エロヒーム」[拡大]

「阿呆の舞」で第11回TOHOシネマズ学生映画祭準グランプリなどを受賞した坂田。本作では、地球とよく似た別の惑星を舞台に、生と死がコントロールされた管理社会の中でもがくカップルの姿を通して、普遍的な愛を描き出した。劇中では、星を管理する宗教団体「ヤヌーカの丘」によって地球から送り出され、妊娠と出産を激しく推奨されるも、子供を授かることのない男女アユムとエマの物語がつづられる。16mmフィルムカメラで撮影されており、「赤い玉、」の村上由規乃がエマ役、「春みたいだ」の古矢航之介がアユム役を務めた。

「クマ・エロヒーム」

「クマ・エロヒーム」[拡大]

「クマ・エロヒーム」は東京の池袋シネマ・ロサにて1週間限定レイトショー。YouTubeでは本作の予告編も公開中だ。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

坂田貴大のほかの記事

リンク

関連商品

(c)映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 クマ・エロヒーム / 坂田貴大 / 村上由規乃 / 古矢航之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。