映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「カメラを止めるな!」がDIMEトレンド大賞で受賞、「ゼロの執行人」安室透も登壇

494

「第31回小学館DIMEトレンド大賞」贈賞式にて、前列左から江戸川コナン、古谷徹、安室透、真魚。

「第31回小学館DIMEトレンド大賞」贈賞式にて、前列左から江戸川コナン、古谷徹、安室透、真魚。

「第31回小学館DIMEトレンド大賞」の贈賞式が、本日11月14日に東京・東京ミッドタウン日比谷にて開催され、「カメラを止めるな!」などが受賞した。

その年を代表する話題の商品やサービス、人物などに贈られる「DIMEトレンド大賞」。「カメラを止めるな!」は“人々に夢と楽しさを与える”レジャー・エンターテインメント賞に選ばれた。廃墟でゾンビ映画を撮影するクルーの姿を描いた「カメラを止めるな!」。6月に封切られてから口コミを中心に話題となり、観客動員210万人を突破した。

贈賞式では、監督を務めた上田慎一郎によるビデオメッセージを上映。上田は「ありがたいことに、まだまだ嵐の日々が続いておりまして」とヒットの実感を吐露し、「トレンドに乗った映画というより100年後に観ても面白いと思えるような、普遍的なエンタテインメントを作っていきたい」と意気込んだ。

式典には本作のキャストである真魚が登壇し、スピーチにて「チームのみんなでビラを配ったり、ポスターを持って1軒1軒お店を回ったり。地道な努力が、この映画が大きく広まることにつながって心の底からうれしく思います」と公開前の宣伝活動を振り返る。そして「私自身も、この映画で演じた日暮真央のように、困難にぶつかってもすぐあきらめず挑戦し続けて、役者という職業に向き合っていきたいです」と決意を語った。なおレジャー・エンタテインメント賞には、TOHOシネマズ 日比谷などを擁する複合施設・東京ミッドタウン日比谷も選出された。

ベストキャラクター賞を受賞したのは欅坂46と、劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」にメインキャラクターとして登場した安室透。本日は安室と江戸川コナンとともに、安室の声を担当した古谷徹が登壇した。4月に公開され、興行収入90億円を超えるヒットを飛ばした同作。安室は「ベストキャラクター賞に選んでいただいて、とてもうれしいです。どうもありがとうございます!」と喜び、古谷も「今年ギガヒットを記録しました『名探偵コナン ゼロの執行人』を何度も観てくださった、自称“安室の女”ことファンの皆さんに心から感謝しています!」と伝えた。

映画ナタリーをフォロー