映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

エマ・ストーン、ジョナ・ヒル、「007」新作監督が「マニアック」NYプレミアに出席

80

米ニューヨークで行われた「マニアック」プレミアイベントの様子。

米ニューヨークで行われた「マニアック」プレミアイベントの様子。

本日9月21日より配信されたNetflixオリジナルドラマ「マニアック」のプレミアイベントが、現地時間9月20日に米ニューヨークで開催。キャストのエマ・ストーンジョナ・ヒル、監督のキャリー・ジョージ・フクナガが出席した。

本作は、あらゆる精神の不調を治療できるという臨床試験プログラムに参加した男女の運命を描くファンタジー。家族との関係に悩み目標もなく生きるアニーをストーン、実業家夫婦に生まれた統合失調症患者のオーウェンをヒルが演じた。

イベントでストーンは「撮影では毎日たくさんのことを経験できて、興味深くて楽しかったわ。いつもいろんな違う世界の設定で、オーウェンの顔を見ることができて楽しかった!」とコメント。ヒルはストーンとの共演について「エマとは過去の共演がきっかけでずっと親しい友人なんだ。彼女が出演する作品を観ていると、どんどん素晴らしい女性になっていくので、ぜひまた共演したいと思ったんだよ」と述べた。

また、「007」シリーズ最新作「Bond 25(原題)」の監督に決定したフクナガは「僕は異なる世界観や、ジャンルを表現するのが好きなんだ。本作では1つの作品の中にどんな世界でもスタイルでも10個くらい入れてもいいということだったので、またとないチャンスだった。『マニアック』はエンタテインメント作品でありながら、その裏には深いテーマも隠されているんだ」と明かす。なおイベントには共演者のジャスティン・セロージュリア・ガーナービリー・マグヌッセンらも出席した。

映画ナタリーをフォロー