映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アダム・シャンクマン製作総指揮、願いが叶うアプリを手にした青年描く物語が公開

71

「ヘアスプレー」「glee/グリー」で知られるアダム・シャンクマンが製作総指揮を務めた「ステータス・アップデート」が、11月3日から公開される。

本作は、自分に自信がなく学校になじめない青年カイルが、願いが叶う魔法のアプリを手に入れたことから始まる物語。望むものをなんでも手に入れたカイルが、大事なものに気付いてくさまが描かれる。監督を務めたのは「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」「ステップ・アップ4:レボリューション」のスコット・スピアー

ポップロックバンドR5のボーカルで、ドラマ「オースティン&アリー」に主演しているロス・リンチがカイルを演じる。カイルが思いを寄せるダニーには、ドラマ「やってないってば!」でヒロイン役を務めたオリヴィア・ホルトが扮した。さらに、映画の鍵を握る同級生シャーロット役で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のコートニー・イートンが出演し、「X-MEN」シリーズのファムケ・ヤンセン、「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のロブ・リグルが脇を固めている。

劇中ではリンチとホルトが歌声を披露するほか、ブルーノ・マーズ、レイチェル・プラッテン、トミー・ジェイムス、レナード・コーエンなどの音楽にも注目だ。

「ステータス・アップデート」は東京・シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国で公開。

(c)2017 Status Update, LLC All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー