映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ヒロアカ」山下大輝と三宅健太が応援上映楽しむ「『おじ様ー!』がよかった」

2247

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」イベントの様子。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」イベントの様子。

劇場アニメ「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」の応援上映が本日8月16日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで実施され、キャストの山下大輝三宅健太が舞台挨拶を行った。

堀越耕平によるマンガをもとにした本作は、総人口の約8割がなんらかの超常能力“個性”を持って生まれる世界を舞台にしたヒーローアクション。堀越が総監修を行い、菅田将暉が主題歌を担当した。

緑谷出久役の山下とオールマイト役の三宅が上映前の舞台挨拶に登場すると、満席となった会場に大きな歓声が響き渡る。8月3日に公開され、本日8月16日時点で興行収入が11億円を超えていることがMCから発表されると、山下は「11億円と言われてもピンと来ないんですけど、とてもすごいことはわかる」とうれしそうにコメント。そして「2週間でしょ? ものすごい何か……11億円分の……」と驚きの表情を浮かべる三宅に対し、「三宅さんもピンと来てない(笑)」とツッコんで笑いを誘った。また山下が作品をアピールする際、「少年少女たちが切磋琢磨してがんばるっていうのは老若にゃんにょ……」と噛んでしまうと、観客たちから「がんばれー!」「かわいい!」と声援が。三宅も「カッコいいよ!」と伝えると、山下は「めっちゃ恥ずかしい」と照れていた。

収録ではテンションが上がり、音響監督から「はしゃぎすぎ」と指摘されたという山下と三宅。ここで、ステージにマイクが運び込まれ2人が名ゼリフを披露することに。スタッフから台本を渡されると真剣な表情に切り替わり、発声のイメージを頭の中で固めていく。山下は「個性がなくても、ヒーローはできますか!?」「僕はあなたみたいになりたいんだ! あなたみたいな最高のヒーローに!」、三宅は「君はヒーローになれる」「来いよ! 緑谷少年! ここが君のヒーローアカデミアだ!」といった言葉を熱く発し、会場を盛り上げる。

ペンライトの持ち込みやコスプレ、声援、キャラ名のコールなどが許可された本日のイベント。山下と三宅も席に座って映画を鑑賞することになり、興奮を抑えきれない観客は上映前から「デクー!」「オールマイトー!」と声を上げる。96分間の上映中も、キャラクターが登場する場面や技を披露するシーンを中心に、エールは鳴り止まない。終盤のバトルシーンでは数秒に1度のペースで割れんばかりの声援が巻き起こり、エンドロールのあとにはアンコールも発生した。

上映後には、山下と三宅が笑みをこぼしながら再びステージへ。山下は「『おじさまー!』っていうのがよかった(笑)」とお気に入りの掛け声を明かし、三宅は「劇場版がここまで熱く、『ヒロアカ』がここまで大きな作品になったのは、応援してくださってる皆さんが“ワン・フォー・オール”をちょっとずつ分けてくれたからということを実感しました」と感慨深げに吐露。そして山下は「本当にみんなありがとう。みんなで一緒に観るのがこんなに楽しいなんて。またこういうときが来るといいね。でも普通の映画ではみんな静かに(笑)」と話し、イベントの幕を引いた。

テレビアニメ版と同じく長崎健司が監督を務めた「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」は全国にて公開中。

(c)2018「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

映画ナタリーをフォロー