桃太郎題材にした小説「桃源郷ラビリンス」が映画&舞台化、主演は鳥越裕貴

125

日本のおとぎ話「桃太郎」を題材した小説「桃源郷ラビリンス」が本日8月7日に発売。あわせて鳥越裕貴主演で2019年春に舞台化、2019年秋に映画化されることがわかった。

小説「桃源郷ラビリンス」書影

小説「桃源郷ラビリンス」書影

大きなサイズで見る(全5件)

鳥越裕貴

鳥越裕貴

桃源郷ラビリンス(小学館文庫)

岡山ヒロミ「桃源郷ラビリンス(小学館文庫)」
Amazon.co.jp

岡山ヒロミによる小説「桃源郷ラビリンス」は、岡山・岡山市にある古民家カフェ「桃源郷」の店主で、桃太郎の生まれ変わりである吉備桃太郎を主人公とする物語。ミュージカル「刀剣乱舞」や舞台「文豪ストレイドッグス」に出演する鳥越が吉備桃太郎を演じる。映画版の監督・映像はヨリコ ジュン、舞台版の演出・脚本は菅野臣太朗が担当することも決定した。

岡山ヒロミ コメント

地元びいきで吉備津彦(桃太郎)と温羅の妄想を脳内で繰り広げていたところ、
この度ご縁あってこのような形になりました。果報者です。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品

(c)岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス