映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「銀魂2」バスツアーのレポート到着、堂本剛と思いきやムロツヨシが電話出る

958

左から福田雄一、三浦春馬、橋本環奈、小栗旬、菅田将暉、柳楽優弥、戸塚純貴、エリザベス。

左から福田雄一、三浦春馬、橋本環奈、小栗旬、菅田将暉、柳楽優弥、戸塚純貴、エリザベス。

7月16日に「銀魂2 掟は破るためにこそある」の公式Twitterアカウントで生配信された特番のレポートが到着した。

“大江戸バス巡業篇”と題した特番では、東京の新宿・歌舞伎町付近からバスツアーを実施。坂田銀時役の小栗旬、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈、監督の福田雄一が参加した。7月13日に公開された特別バナーの話題になると、4人は「バナーにサインを入れたい!」と熱望し、同バナーが特大サイズで掲出されている新宿バルト9へ向かうことに。小栗、菅田、橋本、福田はほかのキャスト分のサインもあわせて書き込んだあと、チラシ配りをしながら人々との交流を楽しんだ。

バスへ戻った4人に高杉晋助役の堂本剛との撮影に関する質問が飛ぶと、福田は「やっぱり黒幕って立ち位置で高杉を見ると半端なくカッコいいですよね」としみじみ述べ、菅田も「高杉のビジュアルは本当にカッコよくて反則!」と続ける。バスツアーに参加できなかった堂本へ電話をかける展開となるが、実際に電話に出たのは堂本と同じ名前であるムロツヨシ。小栗は「中盤ぐらいから、ムロツヨシだなってだいたいの人が気付いてたよ(笑)」と楽しそうに話した。

渋谷某所に到着すると、土方十四郎役の柳楽優弥と伊東鴨太郎役の三浦春馬が登場。土方の別人格・トッシーに関するトークでは、小栗が「今回の裏の主役だよね」と打ち明ける。伊東役のオファーを受けた際の心境を尋ねられた三浦は「福田監督から『いつか一緒に仕事したいね』とおっしゃっていただいていたので、福田組で自分が機能できるのがうれしかったです」と笑顔に。そんな三浦と同じ高校に通っていたという柳楽は「幼少期からお互いを知っていて。幼い頃からオーディション会場で会っていたので、今回しっかり共演ができてうれしいねって言っていたんです」と裏側を語った。

続いて、それぞれがもっとも好きなキャラクターの話題に。菅田が「マダオとか土方とかが好きだったけど、演じてみるとやっぱりぱっつぁん(新八)」と述べれば、橋本は女性目線で「原作だと神威とか好きだったんですよ。でも、トッシーも含めてやっぱり土方が好きかもしれません」と吐露。菅田はトッシーに扮した柳楽の演技について、「僕、今まで柳楽くんとはけっこうストイックな演技の現場でご一緒してきていて。そういう演技の熱量と、同じ熱量でこの人はいったい何をしてるんだって(笑)。そこまで行くと本当に役者ってすげえなって思いました」と称賛する。

特番の終盤には、山崎退役の戸塚純貴がサプライズで登場。車内が笑いで包まれる中、小栗は「公開まであと1カ月です! 平成最後の夏、笑って泣いて熱くなる! ぜひ皆さん劇場で!」とメッセージを送った。

「銀魂2 掟は破るためにこそある」は8月17日より全国ロードショー。

(c)空知英秋/集英社 (c)2018映画「銀魂2」製作委員会

映画ナタリーをフォロー