映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ディズニーシーが2022年に拡張、アナ雪やラプンツェルの新アトラクション誕生

790

「アナと雪の女王」をテーマとしたエリア。

「アナと雪の女王」をテーマとしたエリア。

本日6月14日、オリエンタルランドが「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」を発表した。

同プロジェクトでは、既存施設への追加投資としては過去最高の約2500億円をかけて千葉・東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022年度内のオープンを目指すもの。現在駐車場として使用されている約14万平方メートルの土地を利用して、新アトラクションとディズニーホテルを有する新たなテーマポートを開発する。

テーマポートは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界が展開される3つのエリアで構成される。「アナと雪の女王」のエリアではアレンデール王国が広がり、城の中にはレストランが作られる。森の奥に塔がそびえる「塔の上のラプンツェル」エリアには、ゴンドラに乗ってランタンフェスティバルに向かうアトラクションなどが登場。「ピーター・パン」エリアには、ネバーランドの上空へ飛び立ち海賊と戦う大型アトラクションや、ピクシー・ホロウを訪れるアトラクションなどが設けられる予定だ。

新たなディズニーホテルは、テーマポートの核となる“魔法の泉”を囲むようにそびえ立ち、全475室を有する。客室はデラックスタイプに加え、東京ディズニーリゾートで最上級ランクとなるラグジュアリータイプの客室も。1階部分はディズニーグッズのストアとなる。ファンは続報を楽しみに待とう。

映画ナタリーをフォロー