「デジモン tri.」監督が第6章の裏話披露、生コメンタリー付き上映会

161

デジモンアドベンチャー tri. 第6章『ぼくらの未来』」の生コメンタリー付き上映会が、5月25日に東京・新宿バルト9で開催された。

左から吉田仁美、元永慶太郎、渡辺けんじ、上田慎一郎。

左から吉田仁美、元永慶太郎、渡辺けんじ、上田慎一郎。

大きなサイズで見る(全2件)

上映会には太刀川ミミ役の吉田仁美、監督の元永慶太郎、キャラクターデザインを手がけた渡辺けんじ、制作を担当した上田慎一郎、プロデューサーの木下陽介が参加。映画の上映に先立ち、吉田は「コメンタリー上映は初めてなので楽しみです」、渡辺は「今日はみんなの邪魔になるぐらい話したい」と心持ちを語る。

上映が始まると、スクリーンに映し出されるシーンを追いながらトークが展開していく。元永はあるシーンについて「このシーン、背景がCGなんです。本当はその予定はなかったんですが最終章ということでスタッフも張り切りました」と制作時のエピソードを披露。別のシーンでは上田が「このシーンは浜松町付近がモデルになっているんです」と裏話を明かした。

木下は「今回は怒涛のバトルシーン続きでセリフが少なかったから、アフレコが早く終わりました」と回想。それを受け吉田は「少ないセリフでも、みんなの気持ちを代表して言っているように感じていたので、思いを込めて演じました。第6章ではヤマトとガブモンの芝居が本当に素晴らしかった」と自身の意見を述べる。

またイベントではエンディングテーマ「Butter-Fly~tri.Version~」にも話が及び、吉田は「あの『Butter-Fly』を歌えるまでになったんだ、という気持ちになりました」としみじみコメント。また「4年間同じ作品を演じることってなかなかないので幸せでした」と同シリーズの収録を振り返る。最後に元永は「最初に話が来てから6年間、あっという間でした。選ばれし子どもたちが大人になるまでの冒険を描いたつもりですので、それを感じ取ってもらえたらうれしいです。第6章まで観てくれてありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

「デジモンアドベンチャー tri. 第6章『ぼくらの未来』」は現在公開中。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

吉田仁美のほかの記事

リンク

関連商品

(c)本郷あきよし・東映アニメーション