映画ナタリー Power Push - 「デジモンアドベンチャー tri. 第4章『喪失』」

武之内空役:三森すずこ×ピヨモン役:重松花鳥

“リブート”をどう乗り越える?空とピヨモンに訪れた試練

「デジモンアドベンチャー tri. 第4章『喪失』」が2月25日に劇場上映される。本作は、全6章で製作される同シリーズの第4弾。八神太一ら“選ばれし子どもたち”の冒険を描く。

映画ナタリーでは、武之内空役の三森すずこと、空のパートナーデジモン・ピヨモン役の重松花鳥にインタビューを実施。同シリーズへの思いやアフレコ時のエピソード、本作の見どころなどを語ってもらった。

取材・文(P2~3) / 西原ダイゴ 文(P1) / 秋葉萌実 撮影 / 上山陽介

  • 333

    203

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「デジモンアドベンチャー tri.」これまでの物語をおさらい!

  • 第1章「再会」
    選ばれし子どもたちが異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年。高校生・中学生となった彼らは、平穏な毎日を過ごしていた。そんなある日、突如としてお台場の街にクワガーモンが出現。太一はクワガーモンの暴走を食い止めようとその姿を追いかけるも、どうすることもできない。クワガーモンが太一に襲いかかったその瞬間、デジヴァイスが大きな光を放ち「太一、でっかくなったなーっ!」と懐かしいあの声が……。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第1章『再会』」より、八神太一(左)とアグモン(右)。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第1章『再会』」より、クワガーモン。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第1章『再会』」より、八神太一(奥)とグレイモン(手前)。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第1章『再会』」より、アグモン。
  • 第2章「決意」
    新たに仲間に加わった望月芽心とメイクーモンを歓迎するため、選ばれし子どもたちは近所の温泉テーマパークへ出かけて楽しいひとときを過ごす。しかし丈だけは、大学受験という目の前にある現実と、選ばれし子どもであるという責任の間で煩悶していた。そんな折、お台場に感染デジモン・オーガモンが現れた。暴走するオーガモンにミミとパルモンが立ち向かうが、その戦いは予想外の結果を招く。それぞれに悩みを抱える丈とミミ。月島総合高校の文化祭当日、そんな彼らの前にあの男が姿を見せる。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第2章『決意』」より、太刀川ミミ(左)と望月芽心(右)。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第2章『決意』」より、城戸丈。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第2章『決意』」より、インペリアルドラモン。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第2章『決意』」より、パルモン。
  • 第3章「告白」
    メイクーモンが突如異変を起こしてゆがみの向こうへ姿を消したことで、動揺する太一たち。光子郎は対策を取ろうと苦闘するが有効な手立てがなく、情報を得るため芽心を問い詰めてしまう。アグモンたちは感染を防ごうと光子郎のオフィスに隔離されるが、パタモンに感染の兆候が。そしてデジタルワールドに関する重大な秘密に直面した選ばれし子どもたちは、それぞれの思いが交錯する中、ある決意をする……。(関連記事:「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」田村睦心×櫻井孝宏×榎木淳弥×松本美和
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」より、泉光子郎。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」より、パタモン(左)と高石タケル(右)。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」より、八神ヒカリ(左)とテイルモン(右)。
    • 「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」より、パルモン(左)と太刀川ミミ(右)。

三森すずこ×重松花鳥インタビュー

アニメのアフレコはほぼ17年ぶり!(重松)

──まず4章のお話の前に、空とピヨモンを演じることが決まったときのお二人のお気持ちを聞かせてください。

三森すずこ

三森すずこ 私は子供の頃にテレビシリーズを観ていたわけではないのですが、周りにデジモンが好きな子がけっこういたので、すごく人気がある作品だということは知っていました。そのデジモンが時を経てまた始まるというのをニュースで知って、「オーディションあるかな?」とワクワクしていたら、知らせが来たんです。

──最初から空役のオーディションを受けられたのでしょうか?

三森 空とミミのオーディションを受けました。私は自身のキャラクター的にはミミかなあと思ったので、空は念のためにという気持ちで受験したんですが、空で合格できてびっくりしました。昔からファンの方がたくさんいらっしゃる作品なのでプレッシャーがありましたが、大きな作品に合流させていただけるなんて、こんなにラッキーなことはないなと。本当にありがたい気持ちです。

重松花鳥 私もデジモンが復活するというニュースを聞いたときは「えっ、すごい!」と思いました。自分がやるかどうかはわからない状態だったんですが、周りからは「おめでとうございます!」と言われてしまって。私は学校で教えているので、学生さんが「先生、絶対観に行きますから」って言ってくれるんですよ。「もちろんオファーがあったらがんばります。でもまだわからないから」と言ったら「いや絶対そうですよ、もし違っていたら電話かけます!」って(笑)。そんな状態から少しタイムラグがあったので、「ピヨモン役に決まりました」と聞いたときはうれしかったです。

重松花鳥

──重松さんはずいぶん久しぶりにピヨモンを演じられていると思うのですが、いかがでしたか?

重松 私自身は、デビューはアニメだったんですが、ずっとナレーションの仕事をしてきたんです。アニメ作品にはほぼ参加していなかったので、17年ぶりにアフレコ現場へ行きました! 「今はスクリーンじゃないんだ」「テレビが薄い!」と、初心者みたいな感じで勉強させてもらってます。今は性能のいいコンデンサーマイクがあったり、声を吹き込むときのやり方がスマートになっていたりしていて。

──デジモン役の皆さんとお仕事をご一緒されたのも久しぶりだったんでしょうか。

重松 久しぶりに会う人がほとんどだったのかなあ。でもすぐ昔の感じに戻れました。以前はSNSがなかったので、引っ越しやメールアドレスが変わっちゃうと連絡がつかなくなってしまったんですが、今はLINEやTwitterで密に会話をするようになりましたね。山田きのこさんと宮﨑歩さんのライブに行ったり、池田純矢くんの舞台を観に行ったりもしていて、大変新鮮な感じです。

「デジモンアドベンチャー tri. 第4章『喪失』」2017年2月25日より3週間限定劇場上映

「デジモンアドベンチャー tri. 第4章『喪失』」

“選ばれし子どもたち”が繰り広げたあの夏の冒険から6年。高校生・中学生になった彼らはそれぞれのパートナーデジモンと再会を果たした。そんな中、デジモンたちの間に“感染”の危機が広がったことにより、デジタルワールドを再起動する“リブート”が実行されることに。リブートの結果、パートナーデジモンたちは、今までの記憶をすべて失っていた。それでも再び絆を築いていこうとする選ばれし子どもたちと、それに応えるデジモンたち。ところがピヨモンだけは、成長期に進化してもなお警戒心を解かず……。

スタッフ

製作:高木勝裕
企画:森下孝三
原案:本郷あきよし
監督:元永慶太郎
シリーズ構成:柿原優子
脚本:柿原優子、綾奈ゆにこ、中西やすひろ
キャラクターデザイン:宇木敦哉

キャスト

八神太一:花江夏樹
武之内空:三森すずこ
石田ヤマト:細谷佳正
泉光子郎:田村睦心
太刀川ミミ:吉田仁美
高石タケル:榎木淳弥
城戸丈:池田純矢
八神ヒカリ:M・A・O
望月芽心:荒川美穂

アグモン:坂本千夏
ピヨモン:重松花鳥
ガブモン:山口眞弓
テントモン:櫻井孝宏
パルモン:山田きのこ
パタモン:松本美和
ゴマモン:竹内順子
テイルモン:徳光由禾
メイクーモン:森下由樹子

三森すずこ(ミモリスズコ)

東京都生まれ。アニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」のシャーロック・シェリンフォード役で注目を浴びる。主な出演作に「神様はじめました」「ラブライブ!」などがある。歌手としても活動しており、4月12日に7thシングル「サキワフハナ」がリリースされる。

重松花鳥(シゲマツアトリ)

東京都生まれ。BS朝日「熱中世代 大人のランキング」でナレーションを担当している。声優としての出演作は「デジモンアドベンチャー」「金田一少年の事件簿」など。現在、東京アニメーションカレッジ専門学校にて非常勤講師として指導に当たっている。