映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

南沙良×蒔田彩珠「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の予告解禁

267

押見修造のマンガを実写映画化した「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の予告編がYouTubeにて公開された。

うまく言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲となじめずにいる高校1年生・志乃と、音楽好きだが音痴な同級生・加代の交流を描いた本作。ともに15歳の南沙良蒔田彩珠がダブル主演を務め、「幼な子われらに生まれ」に出演した南が志乃、「三度目の殺人」に参加した蒔田が加代を演じる。2人のほか、萩原利久蒼波純渡辺哲山田キヌヲ奥貫薫らが共演に名を連ねた。

予告には徐々に距離を縮めていき、文化祭に向けてバンドを組むことになった2人の様子を収録。その後、萩原演じる菊地がバンドに参加し、志乃と加代の関係性が揺さぶられていくさまが切り取られていく。

本作が長編商業映画デビュー作となる湯浅弘章が監督、「百円の恋」の足立紳が脚本を担当した「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は、7月14日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。前売り券は4月28日より販売開始となる。

(c)押見修造/太田出版 (c)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

映画ナタリーをフォロー