映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

イエジー・カヴァレロヴィッチ「尼僧ヨアンナ」ほか、ポーランド映画を川崎で上映

100

「鉄路の男」

「鉄路の男」

「ポーランド映画祭2018 in 川崎」と題された特集上映が、4月28日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで行われる。

この特集では、ポーランド映画5本を上映。1643年にフランスの修道院で起きた尼僧の集団悪魔憑き事件をもとにした「尼僧ヨアンナ」をはじめ、「影」「夜行列車」「太陽の王子ファラオ」といったイエジー・カヴァレロヴィッチの監督作4本、列車事故を防ごうとして命を落とした元鉄道技師の物語をリアリズムタッチで描いたアンジェイ・ムンクの監督作「鉄路の男」がラインナップされた。上映スケジュールなど詳細は川崎市市民ミュージアムの公式サイトで確認を。

ポーランド映画祭2018 in 川崎

2018年4月28日(土)、29日(日・祝)、30日(月・祝)、5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)神奈川 川崎市市民ミュージアム
料金:一般 600円 / 高校・大学生、65歳以上 500円 / 小・中学生 400円
<上映作品>
「鉄路の男」
影(1956年)
「夜行列車」
「尼僧ヨアンナ」
「太陽の王子ファラオ」

映画ナタリーをフォロー