映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇場版「ポケモン」に芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子が出演

190

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」ゲスト声優。上段左から芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子。下段左から中川翔子、山寺宏一。

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」ゲスト声優。上段左から芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子。下段左から中川翔子、山寺宏一。

劇場版ポケットモンスター みんなの物語」のゲスト声優が発表され、芦田愛菜川栄李奈濱田岳大倉孝二野沢雅子中川翔子山寺宏一が出演することが明らかになった。

テレビアニメ「ポケットモンスター」の劇場版第21弾となる本作は、年に1度開催される“風祭り”の最終日に、伝説のポケモン・ルギアが現れ恵みの風をもたらすという言い伝えが残る街・フウラシティを舞台に、サトシとピカチュウの冒険を描く物語。劇場版第1作から第20作まで監督を務めた湯山邦彦がアニメーションスーパーバイザーとして参加し、第20作に副監督として参加した矢嶋哲生がメガホンを取った。

芦田がフウラシティの市長の娘ラルゴ、川栄がポケモン初心者の女子高生リサ、濱田が自分に自信が持てない気弱なポケモン研究家・トリト、大倉が嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男・カガチ、野沢がポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん・ヒスイを演じる。12年連続の出演となる中川はリサの弟リク、21年連続出演の山寺はラルゴの父親でフウラシティの市長・オリバーの声を担当した。

芦田は「ポケモンは一緒に暮らしたいくらい、とにかく可愛い!」、川栄は「貴重なチャンスをいただけたことがうれしく、家でたくさん練習しています!」とコメント。ポケモン世代だという濱田は「今回オファーをいただけた時は、思わず『やったー!』と叫んでしまうほど興奮しました」と喜びを語った。

また、このたびYouTubeにて新たな予告編が解禁。それぞれのキャラクターがポケモンと触れ合う様子や、新ポケモン・ゼラオラの姿が確認できる。

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、7月13日より全国でロードショー。

芦田愛菜 コメント

サトシとピカチュウ、そして人とポケモンの絆が素敵で羨ましいと思っていたのでオファーを聞いたときは本当にうれしかったです。ポケモンは一緒に暮らしたいくらい、とにかく可愛い! 意志が強いけど、天真爛漫で優しいラルゴを演じることで、皆さまにも何か守りたいものがあるから頑張れる、強くなれるということが伝わればいいなと思っています。皆さんと団結して頑張っていきたいです!

川栄李奈 コメント

子どもから大人まで幅広い世代の方が知っているポケモンの世界に、参加できるのは本当に光栄です。声のお仕事をさせていただく機会はそこまでないので、貴重なチャンスをいただけたことがうれしく、家でたくさん練習しています!! リサの元気な部分はもちろんですが、イーブイとの絆や他のキャラクターたちとの繋がりなどもちゃんと伝えていけるように、精一杯がんばりたいです!

濱田岳 コメント

ゲームも経験し「ポケモン言えるかな?」もよく歌っていたりと、ポケモンの社会現象を体験した世代なので、今回オファーをいただけた時は、思わず「やったー!」と叫んでしまうほど興奮しました。今回の映画に登場するポケモンたち、特に相棒のラッキーをみると懐かしい気持ちでいっぱいになります。伝統を汚さないように、新しい物語を皆さんとやり遂げていけたらと思っています。

大倉孝二 コメント

ポケモンが似合わないといわれていた自分が、関わることができる日が来るとは……驚きです。演じるカガチは、難しい役どころだと思いましたが、特に大人の方に共感していただける役だとも思います。自分自身、何かを抱えている人間を演じるのは得意なので(笑)先ずはちゃんと映画にマッチできるよう、そして何よりもお子さんたちに喜んでいただけるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。

野沢雅子 コメント

最初“ワニノコ”のオファーかと勘違いしていましたが(笑)参加することができ、とてもうれしく思っています。ポケモンは可愛い世界観で自分とはかけ離れていると思っていたので、まさか自分が!?と驚きました。ヒスイという役は自分では普通のつもりだけど、他の人から見たら少し変わっていて……でも身近にいるようなそんな存在です。そこがうまく表現できたらと思っています。

中川翔子 コメント

今年もポケモン映画には新しい風が吹いていて、すでにワクワクしています! なじみの深いポケモンたちが登場する懐かしさに加え、サトシのお顔の爽やかさ含め今年ならではの新しさを兼ね揃えている部分もあり、ポケモンだから感じることのできる強さ、弱さをまた表現していければと思っています。

山寺宏一 コメント

20周年でポケモン映画卒業かと思っていましたが、今年も参加することができてほっとしました。昨年は監督の無理難題に応えるため、あの鳴き声になりましたが、今年はどんな課題を与えられるのか……今から楽しみです。愛菜ちゃん演じるラルゴの父親役ということですので、恥ずかしくない父親を目指します!「もう山ちゃんいいよ……」と言われないように、演じ切りたいと思います!!

(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokemon (c)2018 ピカチュウプロジェクト

映画ナタリーをフォロー