映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日比谷に新・ゴジラ像が来襲!TOHOシネマズ 日比谷の全貌も明らかに

644

新・ゴジラ像除幕式の様子。左から島谷能成、沢口靖子、浜辺美波、大田圭二。

新・ゴジラ像除幕式の様子。左から島谷能成、沢口靖子、浜辺美波、大田圭二。

東京の商業施設・日比谷シャンテの開業30周年を記念したリニューアルオープンにともない、日比谷シャンテ前の広場が、「日比谷ゴジラスクエア」として一新。本日3月22日、広場内に設置される新・ゴジラ像の除幕式が同所で行われた。

新・ゴジラ像は、2016年公開の「シン・ゴジラ」に登場するゴジラをベースにしており、ブロンズ製で高さは台座を含め約3m。内部には、1954年に公開された第1作「ゴジラ」の絵コンテと決定稿、同作でスーツアクターを務めた中島春雄のサインが収められている。台座近くのプレートには、「シン・ゴジラ」で長谷川博己が演じた矢口蘭堂の「人類は、ゴジラと共存していくしか無い。」というセリフが刻まれた。これまで同所に置かれていたゴジラ像は、3月29日開業のTOHOシネマズ 日比谷内に移設される。

除幕式には、沢口靖子浜辺美波、日比谷シャンテを運営する東宝の代表取締役社長・島谷能成と同社のゴジラ・チーフ・オフィサーに就任した大田圭二が出席した。島谷は挨拶の中で、新・ゴジラ像について「日比谷と映画の守り神となってくれることを願っています」と期待を込めた。

カウントダウンに続いて沢口、浜辺、島谷がボタンを押すと、巨大な咆哮とともに新・ゴジラ像がお目見え。沢口は「迫力があって今にも動き出しそうですが、親しみを感じています。新たな日比谷のシンボルになること間違いないと思います」と太鼓判を押す。浜辺は「事務所に入り、勉強のためゴジラの映画を観ていました。この除幕式に関われて本当にうれしいです」と笑顔。最後に大田が「パネルにもありますが、我々東宝はこれからもゴジラと共存してまいります」とアピールし、式を閉じた。

あわせて、近隣施設のマスコミ向け内覧会も行われた。3月23日にリニューアルオープンする日比谷シャンテ1階のベーカリーカフェ「ル・プチメック」では、3月29日まで「ゴジラ×ル・プチメック ゴジラパン」を410円で販売する。チョコレート生地にドライクランベリーが練り込まれており、1日50個限定。3階の「HMV & BOOKS HIBIYA COTTAGE」には映画・演劇に関する書籍やソフト、雑貨など約7万点がところ狭しと並んだ。新・ゴジラ像に隣接する「ローチケ HIBIYA TICKET BOX」では、ローソンで取り扱うチケットのほか、近隣劇場で開催される舞台の限定チケットなどがそろう。同店限定のチケット用封筒には、ゴジラのイラストがプリントされている。

3月29日開業の東京ミッドタウン日比谷には、4・5FにTOHOシネマズ 日比谷が建設された。同館内の11スクリーンと、東京宝塚ビル内の2スクリーンをあわせて合計約2800席が用意されている。上映設備には、巨大スクリーン・TCXやIMAXデジタルシアター、シーンに合わせて音源の位置を変えるシステムDolby Atmosなどを一部スクリーンで導入。なかでもスクリーン1は「プレミアムシアター」と銘打たれ、特注のスピーカーと、スクリーンのみが視界に入るよう設計された“プレミア ラグジュアリー シート”が備えられた。このほか、日比谷公園を一望できる大きな窓のあるロビーでは、旧ゴジラ像が出迎えてくれる。場内のストアでは、上映作品のグッズ以外にも、帽子や前掛け、ゴジラの頭部を模した像など東宝オリジナルグッズも扱う。

映画ナタリーをフォロー