映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

199分の群像劇「恋愛依存症の女」1週間限定で公開、予告到着

219

木村聡志の長編デビュー作「恋愛依存症の女」が、5月12日より東京の池袋シネマ・ロサにて1週間限定で公開される。

本作は、みっともないけれど、どこか愛おしい登場人物たちのユーモラスな恋愛模様を描いた群像劇。2017年に東京・ユーロライブで3日間の先行上映が行われた。ポスタービジュアルには「199分後、あなたは誰かを好きになる。」とコピーが添えられている。

ミスiD 2016のファイナリスト・ひらくが、劇中舞台「恋愛依存症の女」でヒロインに扮する女優ニコ役で出演。「飢えたライオン」の品田誠がニコが思いを寄せるバイト先の店長、「ロング・サマー・スクール」の山谷武志が作家の鏑木、「花つみ」の小島彩乃が鏑木の元恋人・チー坊を演じた。

「恋愛依存症の女」は連日19時より上映。期間中は舞台挨拶やトークイベントが実施される予定だ。

映画ナタリーをフォロー