映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

モスクワ国際映画祭で2冠、朝倉あき主演作「四月の永い夢」5月に公開

159

「四月の永い夢」

「四月の永い夢」

第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞しロシア映画批評家連盟特別表彰を受けた「四月の永い夢」が、5月12日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の中川龍太郎がメガホンを取った本作の主人公は、3年前に恋人を亡くした滝本初海。音楽教師を辞めて静かに暮らしていた彼女の止まった時間は、死んだ恋人の最後の手紙を受け取ったことをきっかけに動き出す。元教え子との遭遇や、染物工場で働く青年・志熊からの思いがけない告白を経て、初海は喪失感から徐々に解放されていく。

初海役を務めるのは「かぐや姫の物語」の朝倉あき。初海に思いを寄せる志熊を三浦貴大が演じる。そのほか川崎ゆり子マームとジプシー)、志賀廣太郎高橋惠子高橋由美子青柳文子森次晃嗣らがキャストに名を連ねた。

YouTubeにて公開された予告編には、志熊に思いを寄せられるも以前の恋人のことを忘れられない初海や、彼女を優しく見守る人々の姿が収められている。

(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー