映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「新参者」完結、阿部寛に溝端淳平が感謝伝える「ずっと背中を追いかけたい!」

236

「祈りの幕が下りる時」初日舞台挨拶の様子。

「祈りの幕が下りる時」初日舞台挨拶の様子。

本日1月27日、「祈りの幕が下りる時」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ スカラ座にて行われ、キャストの阿部寛松嶋菜々子溝端淳平田中麗奈、監督の福澤克雄が出席した。

阿部は「8年やらせていただけたのは、皆さんが愛してくださったおかげです。まっすぐな芝居をしたことがなかったので、自分の力になりました」とシリーズを振り返り、「これで最後というのは寂しい思いですが、最後にふさわしい作品になった。感無量です! あとは東野さんが(新作を)書くかどうかですよね」とさらなる続編への期待を膨らませる。

続いて、阿部は本作で初共演となった松嶋について「いやあ、超きれいでしたよ! ずっと見ていたい!」と劇中のセリフを交えながらコメントして客席を沸かせる。松嶋は「また別の作品でもご一緒したいです」とはにかみ、「テレビシリーズからファンだったので私も寂しい」とシリーズの終了を惜しんだ。

イベント中盤には、JUJUがサプライズ登壇して主題歌「東京」を披露することに。チェロとアコースティックギターの演奏に乗せて同曲を歌い上げたJUJUに、阿部は「心震えました。もう、この歌が頭から1カ月は離れません」と賛辞を送る。溝端は目を潤ませ、田中も「自分が阿部さんだったら、むせび泣いているんじゃないかと思います」と胸いっぱいの様子で語った。

さらに、溝端から阿部へメッセージが送られる場面も。溝端は「全部しゃべると2時間くらいかかるけど大丈夫ですか?」と前置きをして笑いを誘ったあと、「右も左もわからない僕を大きな器で包み込んでくれて感謝しています」「阿部さんの熱を感じながらともに歩んできた8年間は一生の宝物です!」と、阿部へ熱い思いを伝える。その言葉を受けて阿部は「ありがとう!」と笑顔を見せ、溝端と固い握手を交わす。また、女性陣から次々と花束を手渡された阿部は「これで引退します!」とおどけ、溝端から「ずっと背中を追いかけたいので走っていてください!」とツッコまれていた。

「祈りの幕が下りる時」は、東野圭吾の小説を原作にした「新参者」シリーズの完結編。阿部扮する刑事・加賀恭一郎が自身の母の失踪という過去に向き合っていくさまが描かれる。

(c)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

映画ナタリーをフォロー