映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ピース又吉主演「海辺の週刊大衆」4月公開決定、無人島で何も起きないサバイバル描く

217

又吉直樹ピース)が主演を務める「海辺の週刊大衆」が4月14日に公開されることが決定。あわせてキービジュアルが解禁された。

せきしろの同名小説を実写化した本作は、無人島に取り残された男が砂浜にあった週刊大衆1冊とともに救助の船を待つさまを描いた“何も起きない”サバイバルコメディ。又吉のほか、渋谷凪咲NMB48)、矢本悠馬磯山さやか鈴木福と楽の兄弟が出演する。バラエティ番組「YOUは何しに日本へ?」などを手がけるテレビ東京の太田勇が監督を務め、ヨーロッパ企画上田誠が脚本を担当した。

「海辺の週刊大衆」は東京のシネ・リーブル池袋ほか全国で順次ロードショー。なお本作は2017年4月に第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」でワールドプレミア上映が行われた。

(c)2017吉本興業 (c)せきしろ『海辺の週刊大衆』双葉社

映画ナタリーをフォロー