のんが「KUBO」語る、「この世界の片隅に」思わせる口コミヒットの理由は“愛情”

409

KUBO/クボ 二本の弦の秘密」を鑑賞した女優・のんよりコメントが到着した。

クボ人形と同じ表情をするのん。

クボ人形と同じ表情をするのん。

大きなサイズで見る(全33件)

クボ人形を手に取るのん。

クボ人形を手に取るのん。[拡大]

本作は「コララインとボタンの魔女」で知られるライカが製作し、トラヴィス・ナイトが監督を務めたストップモーションアニメ。日本を舞台に、三味線の音色で折り紙に命を与え操る少年クボが、面倒見のいいサルや弓の名手であるクワガタとともに両親の仇を討つ旅に出る。

のんが声優を務めた劇場アニメ「この世界の片隅に」と同様にSNSを中心とした口コミで評判が広がり、ファンの間で「『この世界の片隅に』現象、再び」と言われている本作。その“周りの人にオススメしたくなる魅力”について、のんは「作りがすごく丁寧なところに、皆さん愛を感じるんじゃないかなと思う。やっぱり愛情がこもっている作品は、観ていて幸せな気持ちになりますよね。海外の方が日本をリスペクトして、研究し尽くしてやっているところが素晴らしいと思いました」と解説する。

映画秘宝2018年1月号の表紙。

映画秘宝2018年1月号の表紙。[拡大]

クボ人形を観察するのん。

クボ人形を観察するのん。[拡大]

のんは、映画秘宝2018年1月号にて、クボのコスプレグラビアに挑戦した。クボが大好きだという彼女は「繊細な少年だけど、無邪気でたまにいたずらしちゃうような子供っぽいところもある。ナイーブさと悪ガキ感が混在していて素敵なキャラ」と語る。撮影に使用されたクボ人形を実際に手に取り、「使用感がリアルに再現されていて、すごいですね(笑)。着物がほつれているように加工されている感じ」と笑顔を見せた。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」[拡大]

2018年にYouTubeで独占公開予定の映画にて監督・脚本・出演のすべてを担当すると発表したのん。本作から刺激を受けた点について「折り紙が舞ったり、落ち葉が船になったり、おちゃめな演出やかわいい色使いが印象的でした。私の映画の撮影はもう全部終わってしまっていて、今は編集段階なんですが、テンポ感は参考にできるかもしれないです。大事なシーンではバシッと決まっているんだけど、全体はさらっとスピード感があるところとか」と話す。

さらに「クライマックスの戦いで、ハリウッドのアクションもののようなモンスターが出てくるところがツボでした(笑)。ちょっと『アベンジャーズ』っぽい感じがしましたよね。和の雰囲気の中に少し異物感があるのがまた面白かったです」とコメントしたのん。最後に「細かい部分まで見尽くせる映画です。冒険ものとしてもすごく楽しい作品なので、そういった映画が好きな人にも楽しいんじゃないかな、と思います」とメッセージを寄せた。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」は全国の劇場で上映中。またのんのセカンドシングル「RUN!!!」は1月1日に発売される。

この記事の画像(全33件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

のんのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 KUBO/クボ 二本の弦の秘密 / のん / トラヴィス・ナイト の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。