映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

二階堂ふみ×吉沢亮「リバーズ・エッジ」ベルリン映画祭に出品、本ビジュアルも解禁

3295

リバーズ・エッジ」が第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されることが明らかになり、あわせて本ビジュアルが公開された。

岡崎京子のマンガを行定勲が映画化した本作は、1990年代の都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感を描く物語。二階堂ふみが自由に生きる今時の女子高生・若草ハルナ、吉沢亮が高校でいじめられているゲイの山田一郎を演じる。本ビジュアルには川を背に佇むハルナと山田の姿が切り取られている。

「リバーズ・エッジ」は、2月16日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー。第68回ベルリン国際映画祭は、ドイツ現地時間2月15日から25日まで開催される。

※「リバーズ・エッジ」はR15+指定作品

(c)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

映画ナタリーをフォロー